読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

己【おれ】

漫画、B級グルメ、東京ネタメインですが、基本的にノンジャンル。自由気まま風の吹くままお届けします。

谷根千散策の〆におすすめ!千駄木の老舗人気居酒屋「にしきや」の美味しい料理に舌鼓打ちまくり

東京の大人気散策スポット・谷根千巡りの〆に寄りたい。駅徒歩1分とアクセス抜群、千駄木で60年以上の歴史を誇る老舗居酒屋「にしきや」を数々の料理とともにご紹介。

“天むす=名古屋名物”を日本全国に知らしめた「千寿」の天むす

【2015年12月2日更新】名古屋めしの定番・天むす。今回はその天むすを日本全国に広めた愛知県名古屋市「千寿」の天むすをご紹介。

【新宿・アカシア】アルタ裏の老舗洋食屋名物のスプーンで切れるロールキャベツ+豚ミンチかつセット

先週火曜日に孤独のグルメ最新作のモデルにもなった「渋谷・魚力の中骨までトロトロに柔らかいさば味噌煮定食」を紹介しましたが、スプーンで食べられる老舗の味&スプーンで食べられる洋食と言ったら、新宿で50年以上の歴史を誇る老舗洋食店「アカシア」を…

【上野御徒町・山家(やまべ)】約2cmの厚切りとんかつ定食が690円!コスパ抜群&揚げたてロースかつ定食

今回は690円の激安ロースかつ定食を引っさげ、2012年3月とんかつ激戦区に堂々のオープンを果たした人気店「とんかつ山家(やまべ)」の名物定食を紹介いたします。

続・新橋駅徒歩1分の人気牛かつ専門店「おか田」の牛ロースソースかつ丼!お好み焼きを彷彿とさせる不思議な味わいとミディアムレア肉の食感が面白い

平日昼のみ営業&揚げ時間30秒の牛かつ求めて大行列の人気を博す新橋「おか田」で独特の個性を放つもう1つの名物・牛ロースソースかつ丼をご紹介。見た目も限りなくお好み焼きに近い特製かつ丼とは?

新橋駅徒歩1分の人気牛かつ専門店「おか田」の牛ロースランチかつセット!平日昼のみ営業とレア、揚げ時間30秒でお肉もレア、まさにレア尽くし

新橋で働くサラリーマンやOLを中心に絶大な人気を誇っている牛かつ専門店「おか田」。揚げ時間わずか30秒のレア過ぎる、宝石のような断面をしたミディアムレア牛かつとは?

千駄木駅徒歩3分の老舗洋食屋「キッチン マロ」のナポリタン&ミックスフライ定食とオムライスにエビグラタン、ついでに焼きそば

千駄木駅徒歩3分の「キッチン マロ」は、ご主人の名前が秀麿さんなのが命名の由来。行き交う通行人の大半が一瞬足を止めてついつい見入ってしまうその佇まいに負けずとも劣らない店内や料理の数々。とある下町の粋なグルメレポでございま(ろ)す。

【谷中銀座】行列のできる肉屋のメンチカツ!国産ブランド牛を贅沢に使用した「元気メンチカツ(肉のすずき)」と「谷中メンチ(肉のサトー)」

国内外問わず日々多くの観光客で賑わいを見せる谷中銀座商店街。そんな同商店街で屈指の人気と行列を誇る「肉のすずき」と「肉のサトー」の揚げたて2大メンチカツをご紹介。

とんかつ定食500円!東十条「みのや」のロースとんかつ定食がワンコインなのに揚げたて&このボリューム!

揚げたてのとんかつ7切れに300gのライスとたっぷりの豚汁付きで500円!ボリューム満点のとんかつ定食がワンコインで楽しめちゃう東十条のフライ定食専門店「みのや」をご紹介。

【孤独のグルメ】商談中の主人公が無我夢中で平らげた、行列のできる吉祥寺「国産黒毛和牛 さとう」の元祖丸メンチカツ&コロッケ

一瞬香ばしい焼きおにぎりに見えた「さとう 吉祥寺店」のメンチカツ。ドラマ版孤独のグルメで主人公が無我夢中に平らげたあのメンチカツをご紹介。

コロッケ1個30円!谷中銀座商店街で行列の絶えない激安惣菜専門店「いちふじ」の30円コロッケ、150円メンチカツ、各種60円の焼き鳥

昭和の面影を色濃く残す東京・谷中銀座商店街の一角にある、コロッケ1個30円などの爆安価格で日々行列のできる惣菜専門店「いちふじ」をご紹介。

【西麻布・三河屋】長年愛される絶品フライ定食専門店の名物ミックス定食!ライス、味噌汁、キャベツがお代わり無料で、なんだか凄いことになっちゃったぞ

メンチカツ、ハムカツ、チキンカツにコロッケとボリューム満点なミックス定食。平日昼のみ営業の絶品フライ定食専門店「三河屋」を思いっきりご紹介。

【孤独のグルメ】続・朝9時から飲めるオヤジだらけの居酒屋「まるます家」でナマズと格安スッポン鍋など食べてきた

東京・赤羽で朝9時から営業中の居酒屋「まるます家」にて、1人前700円と破格のスッポン鍋やらナマズの唐揚げなどなど、今回もとことん楽しんできました。

【孤独のグルメ】赤羽で朝9時から飲めるオヤジだらけの居酒屋「まるます家」の鯉生刺&ジャンボメンチカツと鰻丼他、要するに食べ過ぎた

東京・赤羽で朝9時から営業する老舗居酒屋「まるます家」。名作「孤独のグルメ」でも取り上げられ、朝っぱらなのに客の大半がほぼオヤジで構成された粋な空間をご紹介。