読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

己【おれ】

多くの「己」が生きる中で「おれ」であること、そんな中二病のような思いから始めました。

売切れ必至!「中華蕎麦 蘭鋳」の味玉ラーメンがウマ過ぎて悶絶@東京・方南町

ラーメン 【東京】中野~西荻窪

f:id:thyself2005:20131109100344j:plain
手の込んだ自家製チャーシューもポイント高し!「中華蕎麦 蘭鋳」の味玉そば。

毎度毎度のラーメンネタではありますが、近所にあったら足繁く通いたいお店の1つ、今回は方南町の「中華蕎麦 蘭鋳」を紹介します。

2010年7月創業なのに古くから店を構えているかのような外観

f:id:thyself2005:20131109100337j:plain
平成オープンなのに昭和レトロという言葉がふさわしい佇まい。

2010年7月12日と、開店してからまだ3年半近くであるにも関わらず、初めて訪れた頃からご覧のような渋い感じを漂わせておりました。

f:id:thyself2005:20131109100335j:plain
多くの交通量でおなじみの環七通り沿いで、

f:id:thyself2005:20131109100336j:plain
環七を挟んで真向かいあたりに神秘的な建物があったりするものの、

f:id:thyself2005:20131109100337j:plain
それでも店の周りにはマイペースな空気が流れている、そんな感じ。

開閉にちょっとしたコツがいりそうな引き戸、まるで昭和の駄菓子屋にでも足を踏み入れたかのような錯覚を抱きつつも、特に土曜日の昼営業をはじめ、お店の前には行列ができているから、先客の所作に従い入店します。

L字型カウンター8席のみ、温かみのある店内

f:id:thyself2005:20131109100339j:plain
調味料や縦置きのティッシュ等、配置とセレクトにも垣間見えるこだわり。

f:id:thyself2005:20131109100340j:plain
裸電球だけど白熱灯だからほっこりとした気持ちになります。

f:id:thyself2005:20131109100341j:plain
メニューは基本的に中華そばと味玉そばのみとシンプル。

オープンしてしばらくの間はいわゆるチャーシューメンや味玉チャーシューメンも取り扱っていましたが、原材料高騰により現在は2品に。

仕入れ値が高くなったら売価を釣り上げてメニュー維持するお店ってよくありますが、高級金魚の代名詞を店名にあしらっているのに安易にそうしない蘭鋳の姿勢からは何となく意識の高さが感じられます。ある意味高級。

f:id:thyself2005:20131109100342j:plain
店名で蘭鋳を表現するセンスの高さも地味に見逃せません。

独学で作り上げたハイレベルな味わいの煮干し醤油ラーメン

f:id:thyself2005:20131109100344j:plain
写真は味玉そば大盛り900円。なかなか足繁く通えないので、「西荻窪はつね」同様ついつい大盛りを頼んじゃう、頼みたくなるのです。

f:id:thyself2005:20131109100345j:plain
ピンクの断面が特徴的なレアチャーシュー、味付玉子、ネギ、穂先メンマ。

大きめにスライスされたスモークチャーシューは、初めに赤身全開のをパクリ、麺やスープを楽しみつつパクリ、スープに沈めて熱が加わったのをパクリと、1杯の丼で異なる艶めかしさ、完熟に至るまでの過程が楽しめ、そうそれはまさに少女…我ながら気持ち悪いので止めますが、しみじみ旨いと思える1枚です。

f:id:thyself2005:20131109100346j:plain
ちょっと分かりづらいですが、煮干し系ラーメン特有の銀粉が浮くスープはもれなくエグみを感じさせる仕上がりだけど、そのエグみが良い意味で余韻となり、ズズズ、ズズズと何度もレンゲですくって飲みたくなるのでズズズ。

煮干し醤油ラーメンと言えば、先日当ブログで紹介した「王子の伊藤」を筆頭に、最近だと尋常じゃない量の煮干しを使用したど濃厚魚介テイストがブームと言えますが、この蘭鋳の醤油っ気控えめ、素朴なんだけどこだわりが感じられる絶妙な按配のスープも大好き、好物、フェイバリット!

注文を受けてから都度都度小鍋に澄んだ豚骨スープ(清湯)と煮干出汁を合わせて火にかける工程を大事にしているから、煮干しの芳醇なコクと香りも飛ぶことなくダイレクトに舌から喉、胃袋へと伝わり…しみじみ旨いと思えるのです。

f:id:thyself2005:20131109100347j:plain
固めの茹で加減が最高な三河屋製麺のストレート細麺。スープをぐいぐい引っ張り上げるし、普通で150g、大盛り225gだから見た目以上に食べ応え十分。

f:id:thyself2005:20131109100348j:plain
黄身の分量多めの味玉はしっかりとした存在感の名脇役。

環七通り沿いとはいえ、最寄の方南町駅からも10分は歩く何とも辺鄙な場所なんだけれども、時間帯や曜日によっては結構な行列ができる人気っぷり。

営業時間の表記で「スープ無くなり次第終了」というのをよく見かけますが、蘭鋳の場合は本当にそうで、

といったツイートを頻繁に確認します。

特に土曜の昼営業は本来ですと15時までなんですが、早いと13時台でこのツイートが拝めちゃうし、つぶやきの大半がこの売り切れ告知なので、「中の人などいない、こいつはbotや」って疑いたくもなるんですが、実際にこれらが投稿された直後に到着して泣く泣く諦めた経験が2度ほどあるおれからは、食べたいって思うタイミングよりも相当早く着くようにしましょうと断言しておきます。

f:id:thyself2005:20131109100349j:plain
丼にも蘭鋳。毎回完食するので必ず拝みます。

時代や流行に左右されることもなく、限定メニューはゴールデンウィークの塩味、年末の年越しそばのみと落ち着いた姿勢は、さながら東京という名の金魚鉢で悠然と泳ぐ蘭鋳ともとらえられるし、これから先も5年、10年…と長続きして欲しいラーメン屋さんなのでした。

店舗情報

店名 中華蕎麦 蘭鋳
住所 東京都杉並区堀ノ内2-13-13(地図
電話番号 03-6319-1045
営業時間(平日) 12:00~14:00、18:00~21:00(売切れ次第終了)
営業時間(土曜日) 12:00~15:00(売切れ次第終了)
定休日 日曜日・祝日
最寄駅 方南町駅