読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

己【おれ】

多くの「己」が生きる中で「おれ」であること、そんな中二病のような思いから始めました。

毎年GW3日間限定!「中華蕎麦 蘭鋳」幻の絶品塩ラーメン@東京・方南町

ラーメン 【東京】中野~西荻窪

f:id:thyself2005:20140514122550j:plain
毎年5月3日・4日・5日の3日間限定メニュー!「中華蕎麦 蘭鋳」の塩ラーメン。

昨年11月の記事で絶賛した2010年創業の「中華蕎麦 蘭鋳」は早くも老舗の片鱗が垣間見える東京でおすすめのラーメン専門店。
そんな蘭鋳が毎年ゴールデンウィークの3日間だけ提供する幻の塩ラーメン、今回はいっちょこちらを紹介してみたいと思います。

売切れ次第終了、方南町の若き名店「中華蕎麦 蘭鋳」

早速ここで公式Twitterの直近3ツイートをご覧下さい

最新のつぶやき。

ひとつ前のつぶやき。

もうひとつ前のつぶやき、ってbotか。

余計なつぶやき一切皆無、営業終了や臨時休業の告知程度に留める潔さ。
有名ラーメン店アカウントによく見受けられるお客さんへの積極的な絡みだとか自己アピールなんかとは到底無縁、見ていて清々しさすら覚えるレベル。

f:id:thyself2005:20140514122546j:plain
ちなみに店頭告知もツイートそのまんま。コピペか。

だがしかし、だからこそ個々のつぶやきが際立つってもんですよ。

ということで、今年のGWに「中華蕎麦 蘭鋳」に行ってきました

f:id:thyself2005:20140514122542j:plain
そしたらまあ、案の定結構な行列が。

f:id:thyself2005:20140514122541j:plain
かつてラーメン激戦区ともてはやされた環七通り沿いとはいえ、

トラックだとかの大型車両の往来は相変わらずお盛んではあるものの、昼間は比較的閑静な雰囲気を覗かせているものですが、

f:id:thyself2005:20140514122540j:plain
蘭鋳の前にはここぞとばかりに行列が。

f:id:thyself2005:20140514122543j:plain
のんびりお母さんなんかが犬の散歩をするような街並みなのに、

f:id:thyself2005:20140514122544j:plain
そこには場違いとも言うべき人垣が。

通行人や車中から怪訝な視線を浴びせられる度に皇族スマイルでカウンターパンチを決め込みつつ、約30分ほど待った末での入店と相成りました。

L字型カウンター8席のみ、煮干しの香り漂う温かみのある店内

f:id:thyself2005:20140514122547j:plain
調味料は胡椒と唐辛子とシンプル、店内にも塩のみの貼り紙が。

期間中は塩ラーメンのみの提供で、サイドメニューだとかも一切なし。注文しなくとも座って待っているだけで自動的にやってくるワケですが、

f:id:thyself2005:20140514122548j:plain
思わず感心したのが1種類のみでもきちんと味見を欠かさない点。

1杯のシンプルな料理だけに、シンプルだからこそスープの管理や麺の茹で加減に盛り付けetc、供給に至るまでの工程ひとつひとつが大切になってくるワケで、毎回味見をおろそかにしない仕事ぶりだとかは充分評価に値すると思います。

「中華蕎麦 蘭鋳」のGW限定塩ラーメン700円

潔いシンプルな佇まい、その分しみじみと奥深い味わい

f:id:thyself2005:20140514122550j:plain
ピンクの断面が特徴的なレアチャーシューが鮮烈な印象を与えます。

f:id:thyself2005:20140514122551j:plain
そんなレアチャーシュー以外の具は、刻みネギ、穂先メンマに岩海苔。

f:id:thyself2005:20140514122552j:plain
壁殴って悔しがらせるために、チャーシューのどアップ写真をどうぞ。

大きく裁断されたスモークチャーシューは相変わらず完成度の高い逸品。
柔らか過ぎず、時たま押し返すほどの弾力と豚肉の旨みをしっかり感じさせる噛み心地、炙り要素も加えられているからジューシーなのに香ばしいときたもんだから、現時点で最強のラーメンチャーシューは蘭鋳かなーと実感。

東十条・燦燦斗」のようにこれをつまみに酒が飲みたいですよ。(真剣)

f:id:thyself2005:20140514122553j:plain
とことん煮干しメインの魚介テイストな塩スープをズビビビビ。

レンゲで一口含んだだけなのに、まるで何かのスイッチが入ったかのようにその後の流れが自ずと加速しそうな、やめられないとまらないbyカルビーな展開を予想するのも容易な仕上がり、思わずこぼれる溜め息。

f:id:thyself2005:20140514122554j:plain
そこに合わせる固茹で中細ストレート麺をズビビンズビビン。

スープの旨みだコクやエグみなんかももれなく引っ張り上げるから、全体的にまとまっているんだけど、でも優等生の枠に収まらない、ちょっとしたワルな表情も感じさせてくれるし、だからこそこの味は信用できるってもんですよね。

f:id:thyself2005:20140514122555j:plain
いつかワルも更生するように、余熱で円熟味を増すチャーシューも見逃せない。

f:id:thyself2005:20140514122556j:plain
当然完食じゃー。

煮干しラーメンが売りのラーメン店は数あれど、ついつい箸が止まらなくなる、止めたくないと鼻息荒くなるケースは稀ということ、何より開催期間中に無事満喫できたこと、それらのレアっぷりが一層美味しくしてくれたんじゃないかと、口ではレアチャーシューを、心で感謝を噛み締めながら平らげましたよね。

来年も食べたい。そう思わせてくれる塩ラーメン

今年の「塩」最終日はなんと開店1時間で完売、どうなるよ来年?

きっと利益だけを追求すれば今よりも1日の杯数を増やしたり営業時間を拡大することは可能なんでしょうが、安易にその選択をしない、自分達のできる範囲で流されることなく貫き通すスタイルだからこそ実現する1杯のラーメン。

f:id:thyself2005:20131109100344j:plain
通常メニューも納得のクオリティ。

誰もフォローしない、リプライもリツイートもしない公式Twitterも硬派さを物語っておりますが、そうだよな、本来飲食店って目の前のお客さんを第一にもてなすべきだよなと、そんなことを考えさせてくれるというか、一言で「好きです蘭鋳」、来年の塩ももちろん、今後もちょくちょく足を運び続けたいですね。

f:id:thyself2005:20140514122557j:plain
店先のプランター。蘭鋳ともども来年どれだけ成長しているか楽しみです。

店舗情報

店名 中華蕎麦 蘭鋳
住所 東京都杉並区堀ノ内2-13-13(地図
電話番号 03-6319-1045
営業時間(平日) 12:00~14:00、18:00~21:00(売切れ次第終了)
営業時間(土曜日) 12:00~15:00(売切れ次第終了)
定休日 日曜日・祝日
最寄駅 方南町駅