読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

己【おれ】

多くの「己」が生きる中で「おれ」であること、そんな中二病のような思いから始めました。

【新宿・アカシア】アルタ裏の老舗洋食屋名物のスプーンで切れるロールキャベツ+豚ミンチかつセット

【和食】天ぷら・揚げ物 【レストラン他】定食・食堂 【東京】新宿・代々木・大久保 レトロ
  • 【2016/09/05】店舗情報、テキストなど更新

f:id:thyself2005:20140617093839j:plain
難なくスプーンで切ってすくえる新宿「アカシア」のロールキャベツ。

先週火曜日に孤独のグルメ最新作のモデルにもなった「渋谷・魚力の中骨までトロトロに柔らかいさば味噌煮定食」を紹介しましたが、スプーンで食べられる老舗の味&スプーンで食べられる洋食と言ったら、新宿で50年以上の歴史を誇る老舗洋食店「アカシア」を忘れちゃいけませんよね!今回は同店看板商品のロールキャベツだとかについてお届けいたしやす。

東京メトロ新宿駅徒歩1分、アルタ裏の老舗洋食店「アカシア」

f:id:thyself2005:20140617093821j:plain
良い具合に年季の入った外観。

f:id:thyself2005:20140617093822j:plain
名物は“当店独特料理”と謳うロールキャベツシチュー。

1つの料理で電飾スタンド看板をこしらえることからも、自他ともに認める味ということが伺えます。残念ながら飲みませんでしたが本格ドイツビールをグビグビできるのもポイント。

f:id:thyself2005:20140617093823j:plain
定番メニューは店頭左手にディスプレイ。

お店の基本コンセプトが「しっかり食べて、しっかり飲める」だそうで、どの一皿もボリューム多めなのが嬉しいところ。一部メニューはテイクアウトも可能。

f:id:thyself2005:20140617093824j:plain
入口右手には本日のおすすめメニューが並びます。

f:id:thyself2005:20140617093825j:plain
今回は写真左下の「一皿豚ミンチかつ+ロールキャベツ一貫」セットを注文。

ロールキャベツの単位は個じゃなくて貫。何だか寿司の数え方みたいですが「アカシア」ではこのスタイルを一貫。

f:id:thyself2005:20140617093826j:plain
極辛カレーライス、ちょっと気になりました。

タイプが異なるので一概に比べられるもんじゃないんでしょうが、「根津・すみれの特辛カレーライス」とどっちが辛いかな?

1階41席、2階16席で計57席の新宿本店(2016年8月1日より全席禁煙に!)

f:id:thyself2005:20140617093827j:plain
木製だからかな、味わい深い看板と格子状の窓。

今回はサッと入ってドスンと食べたので1階席でしたが、これからの時期は雑居ビルの合間から覗く夜空でも楽しみつつ“世界で一番うまいビール”で喉を潤す、ちょっとした贅沢気分に浸れそうですね。

f:id:thyself2005:20140617093829j:plain
混雑時は待合席を経た後に通されます。

f:id:thyself2005:20140617093830j:plain
卓上調味料の“食卓塩”や“テーブルコショー”の文字に妙にホッとしてみたり。

f:id:thyself2005:20140617093831j:plain
一部メニューでもこれだけ豊富だし、

f:id:thyself2005:20140617093832j:plain
アルコール類も当然豊富。

しかもドイツビール・Jever(イェヴァーピルスナー)の生ビールも用意されているようで、色々と飲み比べてみるのも面白いかもしれませんね。

スプーンで簡単に切れるロールキャベツ+豚ミンチかつセット

f:id:thyself2005:20140617093836j:plain
そこまで待たせることのないスピーディーな料理提供。

f:id:thyself2005:20140617093835j:plain
ライスの上にどでんと鎮座する豚ミンチかつ。

f:id:thyself2005:20140617093840j:plain
付け合わせのパスタと千切りキャベツ、これですよこれ。

f:id:thyself2005:20140617093834j:plain
サイズ的に女性の握りこぶし1つ分以上のロールキャベツ。

f:id:thyself2005:20140617093838j:plain
ナイフとフォークなんぞ不要、スプーンでスプププカットできまして、

f:id:thyself2005:20140617093839j:plain
同じくスプーンでシチューともどもいただきます!

煮込まれる前はいわゆるバリバリのキャベツがこんなにも柔らかくなるんかーと感心しつつパクパク口に運べちゃうワケでして、

f:id:thyself2005:20140617093837j:plain
コクや甘みに加えてスパイシーな表情も浮かべるシチューだからライスに合う!

となりの常連と思しき年輩客はメニューを見ることなくロールキャベツシチュー定食を注文し、それが当たり前と言わんとばかりに自然とライスの上にロールキャベツシチューをかけて召し上がってましたし、完食したかと思えば一息つく間もなく店を後にするせわしなさ。

かつてカメラマンの滝本淳助氏が今はなき伝説?のメニュー・ペパロニライスについて“サッと腹に収めて夕暮れの新宿をぶらつくのにちょうどいい”とかって何かの書籍で語っていたことをふと思い出し、そうか、ここは日本にファーストフードが浸透する前の時代からそういった手軽な役割も担っていたのかもしれないなと考える瞬間でもありました。

f:id:thyself2005:20140617093842j:plain
ひとり飯だって良いじゃないか、いやすっごく良いって、肉飛び出た。

f:id:thyself2005:20140617093841j:plain
ソースかけたミンチかつの後味を中和するように食べるライスも良いけれど、

次来た時はロールキャベツシチュー定食改め“シチュー丼”の要領で一貫、二貫ドカドカンと頬張ってやりますよ、頬張ってやるんだと、

f:id:thyself2005:20140617093843j:plain
銀のマドラー付きのアイスコーヒーを飲みながら決意するのでした。

ストローは飲む用、マドラーはかき混ぜる用と分けているのかな。
こういった細かい点やどこか風変わりな料理で個性を打ち出すところに、日本屈指の繁華街・新宿で半世紀以上に渡って切り盛りしてきた老舗ならではの挟持を垣間見た、そんな気がします。

f:id:thyself2005:20140617093844j:plain
不夜城を行き交う人々の胃袋をカジュアルに満たす。どうか末永く。

店舗情報

店名 洋食屋 新宿アカシア 新宿本店
住所 東京都新宿区新宿3-22-10(地図
電話番号 03-3354-7511
営業時間 10:00~22:30(L.O.22:00)
定休日 不定休
最寄駅 新宿駅、新宿三丁目駅、新宿西口駅、西武新宿駅
リンク restaurant Acacia 洋食屋 新宿アカシア