読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

己【おれ】

多くの「己」が生きる中で「おれ」であること、そんな中二病のような思いから始めました。

【孤独のグルメ】根津の老舗居酒屋「すみれ」の特辛カレーライス&鶏の煮込みとハンバーグサンド

【漫画】孤独のグルメ 【洋食】パン・サンドイッチ・ベーグル カレー 居酒屋 ドラマ 【東京】谷根千(谷中・根津・千駄木) レトロ

f:id:thyself2005:20131229161702j:plain
居酒屋なのにカレーが名物。しかも辛くて酔いも醒めそうだから〆に最適?根津「すみれ」の特辛カレーライス600円。

2012年1月にスタートし、途中充電期間を挟みつつもSeason1~Season3まで好評を博した実写版孤独のグルメ。
そんなSeason1第11話「文京区根津 飲み屋さんの特辛カレー」において、視聴者の心をガチッとわし掴んだかもしれない根津の老舗居酒屋「すみれ」にとうとう行って参りましたので、今更ながらのレポートをお届けします。

1.東京メトロ千代田線根津駅徒歩3分、1970年(昭和45年)創業の老舗居酒屋「すみれ」

f:id:thyself2005:20131229161642j:plain
見るからに古いと分かる味わい深い外観。

根津駅からだと数分で着きますが、主人公・井之頭五郎ことゴローさんのように日暮里駅から谷中銀座商店街を経由すると20分近くは歩くことになります。

そんなに歩きたくないよって方は無難に根津駅から、散歩がてらのんびり向かっちゃうって方は、途中にある「谷中福丸饅頭」でカリッと食感のかりんとう饅頭で一息入れつつのアクセスがおすすめです。

f:id:thyself2005:20131229161643j:plain
ゴローさんが酔っぱらいにアームロックを決めた場所もすぐそばに健在。

普段気にも留めないような路地裏も、ドラマでバチコンと技をかければ立派な犯行現場名所の完成です。

2.常連さん多数、L字型カウンター11席の店内

f:id:thyself2005:20131229161646j:plain
女将と若女将、二人三脚による粋な接客。

30代以上っぽい男性客が中心ではあるものの、女将さん達の常連客にも一見客にも分け隔てなく接する姿勢が良いんでしょう、ふらっと若い女性客もやって来たりするから面白いものです。

f:id:thyself2005:20131229161647j:plain
天井に吊るされた黒板メニューは日替わり。

写真だとかなり見えづらいので補足しておきますと、テレビで放送されてから大分時間は経っていましたが、自家製ハンバーグの「製」は抜けて自家ハンバーグのまま。恐らくドラマを見て訪れたお客さんのツッコミポイントとして残しているんでしょう。

3.基本的にきっぷがいいお酒や一品料理の数々

f:id:thyself2005:20131229161649j:plain
単にロックって言葉で片付けちゃダメな焼酎ロック。

よその2~3倍はありそうで、ダブルロックを超えてトリプルロック。
酒飲みの心をがっちりアームロックすること間違いなしですね。ついついお冷ももらっちゃいました。

f:id:thyself2005:20131229161650j:plain
当たり前に手作りと分かるお通し。

f:id:thyself2005:20131229161657j:plain
お新香の盛り合わせ(400円)もしっかりとした分量。

f:id:thyself2005:20131229161654j:plain
馬刺し(600円)もお値段以上ニ●リとナイス。

f:id:thyself2005:20131229161655j:plain
ニンニクとショウガでいただきます。

f:id:thyself2005:20131229161656j:plain
つまは大根と大葉とミョウガ。

これらの料理をこなしたところで、

4.鶏皮好きにはたまらない、鶏の旨味が詰まった鶏の煮込み400円

f:id:thyself2005:20131229161651j:plain
小鉢よりも若干大きめの器で登場。

f:id:thyself2005:20131229161652j:plain
てっぺんの刻みネギをどかすと、これでもかと鶏皮が。

f:id:thyself2005:20131229161653j:plain
じっくり煮込んでいるから味もしみしみ柔らかい。

煮込みと言ったら牛でしょと思っていたおれも「すみれ」の煮込みを食べてからは鶏もアリって感じるようになりました。

鶏特有の臭みも抑えられているので、鶏皮の歯応えに抵抗がなければ是非頼んでみてください、って言いたいところも山々なんですが、何でも公式ブログによると煮込みは来春までお休み、現在は代わりにおでんが登場している模様です。

5.サバがないから自家ハンバーグで作ってくれたサンドイッチ

f:id:thyself2005:20131229161700j:plain
普通の店なら食材がないと売り切れにしちゃうところを、

すみれの場合は美味しいからって理由で自家ハンバーグによるサンドイッチ、サバサンドならぬ自家サンドでいただいちゃいました。

メニューにない物は作れませんじゃなく、メニューになくてもとりあえず食べたい物を言えちゃう空気感って、客的には嬉しいけど実現するとなるとお店側は結構しんどいとは思うんですが、「すみれ」の場合は長年そのスタイルをキープしているみたいだから大したものです。

f:id:thyself2005:20131229161701j:plain
いくらか不明なあたり、時価サンドと称しても良いでしょう。

なお、自家ハンバーグサンド並びに自家サンドはあくまでおれが独り勝手に略しているだけなので、実際にお店で「自家サンドください」とかって言ってもまず伝わらないので、くれぐれもその点はご注意ください。

6.5種類のスパイスを使用したゴロッと大きめ具材が嬉しい「すみれ」名物の特辛カレーライス600円

f:id:thyself2005:20131229161702j:plain
〆の食事にしては量が多いと感じる方にはハーフサイズもあるから安心。

f:id:thyself2005:20131229161704j:plain
ゴロゴロ野菜が家で作るカレーっぽくて落ち着きます。

でもルー自体は最初マイルドな辛さだなって思いながら食べ進めると、香辛料の刺激がじわじわ効いてきて、冬でも発汗すること請け合いかもしれません。

f:id:thyself2005:20131229161703j:plain
カレーの辛さとラッキョウの酸味は酔い醒ましにピッタリかも。

居酒屋でカレーライスってお思いの方も1度試してみてはいかがでしょうか。

f:id:thyself2005:20131229161705j:plain
マズくない!けっしてマズくないぞ!!

原作者・久住昌之氏が家庭的な辛さと評したように、懐かしくも美味しい1杯。

f:id:thyself2005:20131229161706j:plain
当然完食じゃー。(汚いのでモザイク処理済み)

正直暖簾をくぐるまでは入りづらいと感じていましたが、いざ入ってみるとべったりし過ぎず、さりとて放っとかない、マニュアルなんてお構いなしのざっかけない、気のきいた接客が何とも心地良かったです。

孤独のグルメで「すみれ」を知って訪問し、気に入ってそのまま常連の仲間入りを果たした方も少なくないんじゃないですかね。
機会があったら今後も頻繁に通ってみたいと思いました。

7.店舗情報

店名 季節料理 すみれ
住所 東京都文京区根津2-24-8(地図
電話番号 03-3821-8941
営業時間 18:00~25:00
定休日 水曜日(月1回火水連休あり)
最寄駅 根津駅


8.出典(作品情報)