読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

己【おれ】

多くの「己」が生きる中で「おれ」であること、そんな中二病のような思いから始めました。

【沖縄】骨付き肉ならぬ肉付き骨!北谷町「がじまる食堂」の骨汁定食でブタをとことん味わい尽くそう

【和食】郷土料理 【レストラン他】定食・食堂 【沖縄】本島中部 レトロ

f:id:thyself2005:20161006154416j:plain
ちょっとした古墳みたいですが、料理です。

骨付き肉はよく目にするけれど、肉付き骨とは何ぞや?見たことも聞いたこともない方が大半かもしれません。

沖縄そばを作る過程で消費した大量の豚ガラの周りには意外と肉がこびりついており、その肉付き豚骨を再度煮込んで定食にしてしまったのが骨汁(ほねじる)定食。そして、今から30年以上前の1980年代にその骨汁を商品として初めて出したとされるのが、今回紹介する北谷町(ちゃたんちょう)の老舗「がじまる食堂」なのでした。

沖縄で人気のスポット・北谷町に店を構えて30年以上の老舗「がじまる食堂」

f:id:thyself2005:20161006154408j:plain
外観はどこにでもありそうな昔ながらの定食屋といった雰囲気。

f:id:thyself2005:20161006154409j:plain
ただ、すぐそばに嘉手納基地もあるからか、当たり前のように英語での案内も。

f:id:thyself2005:20161006154410j:plain
お店目の前の大通りは沖縄県道23号沖縄北谷線。

1973年開催の復帰記念沖縄特別国民体育大会(若夏国体)の主会場の1つ・沖縄市陸上競技場へのアクセス路として造られたそうで、国体記念道路とも呼ばれています。

数量限定、最も早く売切れる人気の骨汁!確実に食べたいなら開店間もない10時頃の入店を狙おう

f:id:thyself2005:20161006154411j:plain
ということで、とある日の10時頃。

BGMはテレビ。壁に向かう形でカウンター5席、4名掛けテーブル席6卓、その奥に20名ほどの座敷席を完備。この手の食堂では珍しい禁煙であるにも関わらず、平日朝でも地元民を中心になかなかの入り。街の人気店といった位置付けなんでしょう。

f:id:thyself2005:20161006154412j:plain
入口右手奥の厨房。ピンクの電話がこの店の歴史とやらを物語ってそうですね。

常連さんは入ってこのスペースで注文して席に座るっぽく、名物の骨汁定食を注文する時もどこか気だるそうに「ホネ」と一言告げるだけなんだけど、その姿が妙にカッコ良かったんだなー。(おれの場合は着席して「ここって初めて骨汁を出したんですよね?」と初心者丸出しの質問をしちゃったりね。はにかみながらも肯定してくれた店員さんありがとうございます!)

f:id:thyself2005:20161006154414j:plain
北谷町「がじまる食堂」のメニュー一覧。

沖縄そばや丼ものにゴーヤチャンプルーなんかの定番料理がズラリと並ぶ中、注目すべきは600円の骨汁でしょう。

1段上のみそ汁600円に高いって印象を抱かれた方は「沖縄 みそ汁」とでもググっていただければ、なんて具だくさんな1杯なんだと思わざるをえない検索結果に巡り会えるハズ。

f:id:thyself2005:20161006154413j:plain
外観同様、どこにでもありそうなカスターセットって思うじゃないですか。

f:id:thyself2005:20161006154415j:plain
けれども、やってきた骨汁定食の見事なまでのフォルムときたら、アンタまあ……。

それを前にすると、きっと犬じゃなくてもキャンキャン吠えたくなる「がじまる食堂」名物・骨汁定食600円

f:id:thyself2005:20161006154416j:plain
ラーメン二郎」もそうだけど、豚骨料理ってのは山のように盛り上がる宿命でもあるんでしょうか。

てっぺんのすりおろしショウガ、その下のくったくたのレタスも骨汁がいかにアウトローな1杯かを表現する一役を買った盛り付けですね。うん、普通に量も多い。

f:id:thyself2005:20161006154415j:plain
ライスと漬け物、骨入れ用の皿がついてきます。

f:id:thyself2005:20161006154417j:plain
従来の汁物をゼニガメとするなら「がじまる食堂」の骨汁はカメックスばりの存在感がありますね。

f:id:thyself2005:20161006154418j:plain
骨の周りについた肉って美味しいじゃないですか。

でも外目を気にすると自由気ままにむしゃぶりつけないもんだけど、骨汁と銘打ってくれただけじゃなくこんなビジュアルで登場してくれたんだからキャンキャンかぶりついちゃっても良いって言われているようなもの。女性なら誰しも意味違いのキャンギャルになれますよ!

f:id:thyself2005:20161006154419j:plain
でっかい塊2個分を平皿に移動してみても丼ぶりの盛りは健在。

f:id:thyself2005:20161006154420j:plain
これはこれで何かの煮込み料理ともとれますね。

f:id:thyself2005:20161006154421j:plain
裏返すと普段見慣れない無骨な豚骨と分かります。

f:id:thyself2005:20161006154422j:plain
シコシコと骨から身をこそげ落としまして、

f:id:thyself2005:20161006154423j:plain
フレーク状の豚肉をアツアツごはんに乗せてパクリ!たまんねー。

f:id:thyself2005:20161006154424j:plain
f:id:thyself2005:20161006154425j:plain
豚とショウガがバッチリ合うのは生姜焼きとかの実例で証明済みってヤツなんでしょうけど、

特に豚エキスがこれでもかと溶け出した野性味満点濃厚スープだと「そこにいてくれてありがとう、すりおろされてくれてありがとう」と感謝したくなるレベルで、こってりアブラまみれのレタスも家系ラーメンのスープにひたした海苔みたいな立ち位置で、これがまた立派なおかずとして成立しちゃうんだから大したもんだなと。

f:id:thyself2005:20161006154426j:plain
中から出てきた昆布は箸休めでありきっと1UPキノコのような食感。

f:id:thyself2005:20161006154427j:plain
最終的には手が汚れることなんてお構いなしにガヴガヴもんでした。

f:id:thyself2005:20161006154428j:plain
で、ご覧のように完食と。テトラポッドみたいだな。

食べ方としては肉付き骨と一緒にライスを頬張るのもアリですが、残った骨汁にぶち込んで雑炊にすると、ショウガも効いてて心も体もポッカポカに温まること請け合いでしょう。

最近では北谷町以外にも那覇市やその他の地域でも味わえるようになったり、骨汁専用の仕込みをする店舗も出てきているようですが、お手頃ダイナミックなご当地グルメとしての骨汁定食、未体験の方は1度試してみることをおすすめします。

店舗情報

店名 食事処 がじまる
住所 沖縄県中頭郡北谷町字上勢頭814-1(地図
電話番号 098-936-5968
営業時間 10:00~21:00
定休日 日曜日
最寄駅