読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

己【おれ】

多くの「己」が生きる中で「おれ」であること、そんな中二病のような思いから始めました。

電源不要!挿して回すだけの炭酸水製造マシン「ツイスパソーダ」を使い続けて数ヶ月。お手軽・ゴミ減る・コスト減りそうで良いこと尽くし

雑貨・小物

先日書いた記事で真空断熱タンブラーを買って良かったとお伝えしましたが、写真にちらっと写っているように、おれ、炭酸水が大好きなんですね。

f:id:thyself2005:20140608161248j:plain
タンブラーの奥にちらっと使用済みペットボトルが写っておりますね。

これまではコンビニやスーパー、はたまたドラッグストアなんかで炭酸水を結構な頻度で購入していたワケですが、持ち帰って消費すると当然ゴミになる、それもほぼ毎日500ml以上飲むとなるとコストもかかるし地味にペットボトルの処理がめんどくなるワケですよ。

このまんま老後までペットボトルを潰し続けるのはイヤだな、何よりストックしておかないと飲みたい時に飲めないのはヤダ、ワガママなのは百も承知だけどヤダ……ということで困ったときのAmazon検索で見つけたのが今回紹介する「ツイスパソーダ」なのでした。

電源不使用&挿して回すだけ、実に手間いらず

熟考の末に買った「ツイスパソーダ」

f:id:thyself2005:20140902193309j:plain

炭酸水生成器は「ソーダストリーム」や「ソーダスパークル」、さらには「ソーダサイフォン」なんかと色々ありますが、とにかく簡単・安全・経済的、この3点を考慮した結果「ツイスパソーダ」を選択した次第です。

f:id:thyself2005:20140902193311j:plain
右から専用ボトル、「ツイスパソーダ」本体、炭酸カートリッジとなります。

何だか下着泥棒が捕まった時の体育館に陳列されるご自慢のコレクションばりの並べ方な気がしなくもありませんが、基本的な使い方はボトルに水を入れ、炭酸カートリッジをセットした「ツイスパソーダ」を挿して回す、これだけです。


何とも淡々とした公式動画。さては淡々と簡単で韻でも踏んでるのか?

f:id:thyself2005:20140902193313j:plain
それならばこちらも淡々とセッティングしまして…

f:id:thyself2005:20140902193314j:plain
挿して回すドギャギャギャギャーンパシャッ!(※ピンぼけ)

今となっては黙々と炭酸水を作れるようになりましたが、記念すべき第1回目はいきなり溢れ出す炭酸にビビってしまいピンぼけ(写真左)、平静を取り戻して10秒後に撮影したのが写真右となります。

f:id:thyself2005:20140902193315j:plain
セットして20秒後にはできている新鮮な炭酸水をグビビングビビン。

炭酸水を生成する以外にもワインをスパークリングワインにする、しぼった果汁でフルーツソーダにするなどのレシピも同梱されとりますし、単純に炭酸水に果実酢を入れて飲むのだって大アリです。

個人的には「ウィルキンソン」や「セブンプレミアム」ばりの強炭酸水が作れたら言うことなしなんですが、飲み続けることを考えるとそこまで炭酸キツくない方が良いのかも…と割り切って現代を生き抜いております。

カートリッジ1本で約1リットルの炭酸水を生成可能

カートリッジは50本で2,571円(本記事掲載時点・送料除く)→1リットル約50円と経済的

f:id:thyself2005:20140902193312j:plain
何だか実弾の取り引きをしているみたいですね。

ドラッグストアや安売りのスーパーで見かける1リットル100円の炭酸水のほぼ半額で作れますが、あくまで初期費用(スターターキット代)や送料を除いたハナシですので、元を取るためにはひたすら作り続けて飲みまくる必要があります。

f:id:thyself2005:20140902211818j:plain
2ヶ月ほどで60本以上のカートリッジを消費。(※こんな風に溜める必要なし)

こうも手軽に作れてしまうと飲む以外にも掃除の際に利用したりとか何かと捗りそうな気はしますし、実際捗りすぎた末に冷やし炭酸水茶漬けなる珍品を作ってあまりのマズさに悶絶した日もありましたが、今のところ買って良かったと思える商品なので紹介してみました。興味を覚えたら手に取って感じてみて下さい。