読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

己【おれ】

多くの己が生きる中で“おれ”であること、そんな中二病のような思いから始めました。東京・B級グルメ・漫画に関する記事中心ですが、基本的にノンジャンル。自由気まま風の吹くままお届けします。

【新橋・ほりうち】昔ながらのアッサリ鶏ガラ醤油ラーメンが売り!でも、250gの肉塊チャーシューメンはもっと売り!!

ラーメン 【東京】銀座・新橋・有楽町

この記事について

  • 2017/03/18:更新
  • 2014/03/04:初公開

250gもの肉塊を携えた新橋「ほりうち」のチャーシューらぁめん
一見穏やか、でもその実250gもの肉塊を携えた新橋「ほりうち」のチャーシューメン。

いわゆる「ラーメン二郎」のようなガッツリ系ラーメンの特徴として、濃厚ギトギトスープに極太麺、タワーと形容しても差し支えのないヤサイ量だなんてものが挙げられますが、どうせガッツリ行くのなら、たまにはアッサリ系ででもいかがですか?

…ということで、これまで数回に渡って紹介した新橋駅烏森口徒歩2分のラーメン専門店「らぁめん ほりうち 新橋店」の登場でございます。

ステーキ相当の250gチャーシューとツルシコ麺!新橋「ほりうち」のチャーシューらぁめん

250gもの肉塊を携えた新橋「ほりうち」のチャーシューらぁめん
本当にそんなに入ってんの?って思うじゃないですか。

澄み切った鶏ガラメインの醤油スープ@新橋「ほりうち」
澄み切った鶏ガラメインの醤油スープだし、

ツルツルシコシコの自家製麺@新橋「ほりうち」
ツルツルシコシコの自家製麺。

気温や湿度によって毎日茹で時間を変えるというこだわりの中太多加水麺。スープともども老若男女が安心して食べられる、いわゆる昔ながらのおいしい醤油ラーメンそのものなワケですよ。

存在感抜群のチャーシュー@新橋「ほりうち」
けれどそこには、存在感抜群のチャーシューが。

厚さ1cm級のチャーシューが当たり前のようにゴロリ@新橋「ほりうち」
「おっ、今日のラーメンのチャーシュー厚くてラッキー」という、多くの方が抱くであろう基準の恐らく倍以上、厚さ1cm級のチャーシューが当たり前のようにゴロリ。

分厚いだけじゃなく縦横幅もしっかりとしたサイジングのチャーシュー@新橋「ほりうち」
分厚いだけじゃなく縦横幅もしっかりとしたサイジング。

存在感抜群のチャーシュー@新橋「ほりうち」
ひょっと持ち上げて、

チャーシューのブレーンバスター@新橋「ほりうち」
ビタンとブレーンバスター!

と見まごうごとき豚チャーシューですよと。刻み海苔もメンマも多いんですけど、それを圧するかのようなチャーシュー。

で、単にデカイだけじゃなく箸でカンタンにホロッと崩せる柔らかさだし、チャーシューだけでもリア充もびっくりな充実感ではあるものの、和帽子に白衣なスタッフさん達の服装がもたらす効果なんでしょうか、どこか気品を感じる盛りつけもステキ。

大盛無料サービス、日曜日・祝日以外は深夜3:00までの通し営業と使い勝手も良好

新橋「ほりうち」の券売機メニュー@2017年3月時点
チャーシューらぁめんは1,300円しますが、ハーフサイズも用意。

この記事でお届けしている写真は並盛で、並盛だと麺150g、大盛は麺250g。さらに+150円の有料となりますが、特盛も用意されていて特盛だと麺350g。特盛に至ってはチャーシューと麺だけで600gのハイボリューム。

新橋「ほりうち」朝営業限定の雑炊
平日の朝営業ではワンコイン以下で雑炊とラーメンが楽しめます。

新橋「ほりうち」朝営業限定の雑炊
溶き卵がしみるわー。(朝営業について詳しくはコチラ

今回のチャーシューらぁめんはある種のネタ的商品に近い感じですが、つけ麺とかも良い感じにほっこりするなつかし味なので、引き続きふらっと足を運んでみたいと思います。

店舗情報

店名 らぁめん ほりうち 新橋店
住所 東京都港区新橋3-19-4 桜井ビル1F(地図
電話番号 03-6435-8970
営業時間(月~木) 07:00~27:00
営業時間(金曜日) 07:00~28:30
営業時間(土曜日) 11:00~27:00
営業時間(日・祝) 11:00~23:00
定休日
最寄駅 新橋駅