読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

己【おれ】

多くの「己」が生きる中で「おれ」であること、そんな中二病のような思いから始めました。

新宿思い出横丁の人気ワンコインラーメン!「若月」のラーメン・つけめん・焼きそばの自家製麺3連発

ラーメン 【和食】そば・うどん・麺類 【東京】新宿・代々木・大久保 レトロ

f:id:thyself2005:20160520132151j:plain
初めて食べたラーメンって、こんな1杯だったのかもしれない。

“ションベン横丁“とも揶揄され、戦後間もない頃に存在した闇市の面影を今も残す新宿大ガードすぐそばの思い出横丁において、同じくらいの歴史を誇るのが1948年創業の老舗「らーめん若月」。

やれ増税だ材料費の高騰などで値上げを余儀なくされる飲食店が多い中、自家製麺を使用した昔なつかしい醤油ラーメンが1杯480円で味わえる喜び…さっそく紹介してみたいと思います。

【関連記事】東京で1杯500円以下のラーメン店レビュー一覧


新宿駅西口徒歩3分、80近くのお店が軒を連ねる新宿西口思い出横丁

f:id:thyself2005:20160520132141j:plain
出入口は複数ありますが、1番分かりやすいのはここかな。

f:id:thyself2005:20160520132142j:plain
ここ数年、都内の至る所で外国人観光客をよく見かけますが、思い出横丁ももれなく多いです。

そんな中、飲み目的なのか単に通り抜け理由かは分からないスーツ姿のお父さんやら若者が行き交う姿。そんな見慣れた光景を目にすると「ああ、新宿にいるんだなー」って妙に実感します。

f:id:thyself2005:20160520132143j:plain
まさにすし詰めって言葉がふさわしいくらいに激混みの居酒屋とか、見て回るだけでも楽しい、実際に入るともっと楽しい。

f:id:thyself2005:20160520132145j:plain
キャリーケース片手でも、この路地は歩き慣れている感を醸し出してはズンズンズズズン突き進む女性とかね、何ともたくましい限り。

f:id:thyself2005:20160520132146j:plain
この手の細い道には、青空よりも曇り空が合う気がする。

1948年(昭和23年)創業。70年近くの歴史を持つ「らーめん若月」

f:id:thyself2005:20160520132147j:plain
思い出横丁の中でもメインストリート沿いに店舗を構える「若月」。

[f:id:thyself2005:20160520132149j:plain
様々な麺類がラインナップ。看板商品は480円の醤油ラーメン。

今でこそ自家製麺を謳うラーメン屋さんはそこかしこにございますが、30年以上前からともなるとなかなかレア。
「自分で作った方が価格を抑えられる」という信念に基づき毎朝玉子麺を手打ちする2代目店主。食べる側からすれば何とも嬉しい取り組みと言えます。

f:id:thyself2005:20160520132150j:plain
頻繁にお湯を変え、小さな釜で泳がすように茹でられる自家製麺。

アッサリスープにワシモチプリプリ!食感が楽しい「若月」の醤油ラーメン&つけめん

f:id:thyself2005:20160520132151j:plain
このビジュアルに歓喜する。思えば歳を重ねたものです。

f:id:thyself2005:20160520132153j:plain
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、ネギとシンプル。

f:id:thyself2005:20160520132154j:plain
ぼんやりと蛍光灯の明かりを映し出す鶏ガラベースの醤油スープ。

f:id:thyself2005:20160520132155j:plain
モチッとしつつも確かな噛み心地も備える平打ち縮れ麺。

+100円で大盛りにすると1.5玉になるそうで、プリッとタイプの麺とアッサリスープとの相性は良好。

麺もスープも具もすべてが手作りで、麺とは別ベクトルの歯応えを実現したメンマに至っては乾燥メンマをわざわざ水から戻すという手間のかけよう。

f:id:thyself2005:20160520132202j:plain
手打ち麺の旨さをダイレクトに堪能したいのであればつけめんもおすすめ。

f:id:thyself2005:20160520132203j:plain
濃厚魚介豚骨味も良いですが、いくらかの酸味と胡麻の浮いたつけ汁でだってズビビンズヴィヴィン食べたくなるじゃないっすか。

f:id:thyself2005:20160520132204j:plain
もり蕎麦感覚で啜ることができる今となっては貴重な味わい。

〆のスープ割にも対応しているので隅々まで満喫しましょう。

ラーメンと同じぐらいに根強い人気を誇る「若月」の焼きそば

f:id:thyself2005:20160520132159j:plain
元々は常連さん限定の裏メニューだったと記憶しておりますが、レギュラー入りした今ではどなたでも注文することが可能。

f:id:thyself2005:20160520132200j:plain
主食というよりはビールなんかのアルコール類や餃子と一緒に食べると程良い塩梅。

f:id:thyself2005:20160520132158j:plain
カウンター13席のみの店内で、入口付近に腰掛けると目の前で調理の様子を拝めます。

1人でふらり足を運んでも、誰かと一緒に訪れても、空いている限りは鉄板前の自称・特等席に座って時を過ごす。思い出横丁なだけに誰かとの思い出話に花を咲かせてみたり、すぐそばの路地を流し目で通り過ぎる方々に対して「この鉄板の焼きそば全部おれのもの!」だなんて年甲斐もなくドヤスマイルを決めてみたり。

f:id:thyself2005:20160520132201j:plain
少量のキャベツにもやしに青海苔パラパラ、てっぺんに紅生姜。

具を楽しむのではなく麺を楽しむ。あくまで具は飾り。肉が入っていないことを嘆いてはいけないし、肉が食べたかったら近くの串焼き屋で存分にかっ喰らえば良い。ハシゴしてしまえば良い。もしくはそっちでお腹を満たしてから来れば良い。そう語りかけて来るかのように硬派な質感の焼きそば、これもまた「若月」ならではの味と言えるでしょう。

f:id:thyself2005:20160520132157j:plain
思い出横丁を通り抜けた先の横断歩道を渡ってからふと振り返る。

ビールに日本酒、ウイスキーもあり、飲めない方向けにコーラにサイダー、ウーロン茶なんかも用意されていて、何より嬉しい真夜中までの通し営業。そんなお店が今日も都心で元気に切り盛りしている。東京ってばまだまだ捨てたもんじゃありませんね。

店舗情報

店名 らーめん若月
住所 東京都新宿区西新宿1-2-7 思い出横丁内(地図
電話番号 03-3342-7060
営業時間 11:00~25:00
定休日 日曜日
最寄駅 新宿駅