読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

己【おれ】

多くの「己」が生きる中で「おれ」であること、そんな中二病のような思いから始めました。

【中華そば 葉山】注文ごとに青竹で打つ自家製麺が最高な正統派醤油ラーメン@東京都新宿区牛込柳町

ラーメン 【東京】新宿・代々木・大久保 【東京】池袋~高田馬場・早稲田
  • 【2016/08/13】店舗情報の営業時間など更新

f:id:thyself2005:20141207201830j:plain
懐かしくも新しい、東京都新宿区牛込柳町「中華そば 葉山」の中華そば。

近頃名うてのラーメン屋さんには麺から手作りの“自家製麺”を掲げているお店がちらほらとございますが、最近のラーメンネタで1番興味深かったのが、自家製麺は自家製麺でも、なんと注文を受けてから青竹でシコシコ踏みつけ手揉みまでしてくれる新店「中華そば 葉山」の存在に他なりませんでした。

創業数ヶ月で早くも人気店の仲間入りを果たした「中華そば 葉山」

都営地下鉄大江戸線「牛込柳町駅」徒歩4分。2014年10月オープンの気鋭のラーメン専門店

f:id:thyself2005:20141207201822j:plain
シンプルな外観、営業中の立て看板ならぬ立て青竹。

f:id:thyself2005:20141207201823j:plain
外苑東通り沿い、都営地下鉄新宿線「曙橋駅」からだと徒歩10分ほど。

まったくもって近いというワケじゃないですが、以前己【おれ】で紹介した「一条流がんこラーメン総本家」や「油そば専門店GACHI」にも散歩がてら歩けますといった距離感。

参考


「中華そば 葉山」のメニュー一覧

入口左手の券売機で食券を購入、券売機のほぼ半分に及ぶ達筆

f:id:thyself2005:20141207201824j:plain

なるべく美味しいものを提供したいと思っておりますので多少お時間をいただいております

お店はご主人1人での切り盛りに加え、打ちたての麺を用意することから通常のラーメン店よりも提供時間は長め。予定パツパツの方だと待たされて面食らう可能性高しなんでしょうが、ここは時間に余裕を持って麺喰らいたいところ。

なお、おれの場合は運良く行列なし、ちょうど先客分を出し終えた直後の入店だったこともあり、約10分くらいでお目当ての1杯にありつくことができました。

その他「中華そば 葉山」に関する補足

f:id:thyself2005:20141207201825j:plain
卓上調味料は胡椒と味が薄いと感じた方向けの醤油ダレ。

  • 水はセルフサービスで、店内の随所に冷水ポットを配置
  • カウンター3席、2名掛けテーブル2卓の計7席
  • 基本メニューの中華そば 並のトッピングは、チャーシュー1枚、メンマ、刻みネギ、海苔2枚のオーソドックスタイプ
  • 麺の量は、大(280g)・並(180g)・小(140g)の3種類より選択(※「小でも量が多い」とお客さんから言われたことがあるそう)

最大の魅力!注文を受けてから仕込む自家製麺

事前に寝かせておいた生地に追い青竹&手揉みの工程をプラス

f:id:thyself2005:20141207201826j:plain
飲料水をグビグビしながら待ってますと……始まりましたよ麺打ちが。

f:id:thyself2005:20141207201827j:plain
青竹ガコンガコン。目の前で製麺過程を拝めるカウンター席はある意味特等席。

前金制なので心配無用なんでしょうが、この店で食い逃げなんてしようものなら青竹持った店主に追いかけ回されるのかなーなんて不毛な議論を独り重ねたりもしつつ到着を楽しみに待ちましたよ、ええ。

「中華そば 葉山」のネオクラシカルな中華そば

“全部のせ”の名に恥じない珠玉の1杯

f:id:thyself2005:20141207201828j:plain
中華そば 並 全のせにすると、チャーシュー4枚、味付玉子、メンマと海苔の量もパワーアップ。

提供時に「味が濃い薄いは調整できます」の一言も気が利いててナイス。
小麦粉との連戦で白く、まさに作業着がルーツなんだなと見て取れる勲章のようなジーンズ、柔和な笑顔から実直な人柄と直感。

f:id:thyself2005:20141207201829j:plain
こぼしても平気なように黒の丸盆に乗って登場。

個人的に食べる前からその形状でパキパキとした食感と手に取るように分かるメンマ、それとシャクシャクそうな刻みネギがね、何とも食欲を刺激します。

f:id:thyself2005:20141207201831j:plain
金魚すくいの要領で横からレンゲに流し込むように、スープ。

表面に浮かぶ香味油、煮干しだカツオなんかの魚介ダシが効いた、オイリーなんだけどくどくない、飲み進めるごとにアッサリへと変貌を遂げる醤油味。

f:id:thyself2005:20141207201832j:plain
そしてそんな特製醤油スープをガッチリ受け止めますは……

f:id:thyself2005:20141207201833j:plain
ピロピローっと、打ちたて茹でたて新鮮な平打ち太麺。

スープにくぐらせず、例えば塩だけで食べてみるのも面白そうな、適度なコシと滑らかさが同居したプリプリ仕様。

また、手作りにこだわり化学調味料不使用。山形県酒田市出身のご主人が幼少期に食べた中華そばの思い出をベースに、試行錯誤の果てに辿り着いた独学の味。

f:id:thyself2005:20141207201834j:plain
懐古趣味に留まらない、トッピングを口にするだけで伝わるクオリティの高さ。

今や美味しいラーメンなんて東京はおろか日本全国津々浦々で食べられつつありますが、そんなラーメン戦国時代でもしっかり乗り越えて行けそうなポテンシャルの高さがね、感じられるワケですよ。というか単純においしい。

f:id:thyself2005:20141207201836j:plain
しっとり感を残しつつも味しみしみ、噛めばホロリと崩れる肉厚チャーシュー。

全部のせにして良かったと思うし、次回はチャーシューWにしてみたり瓶ビールで塩気をググイと洗い流してみたいっすね。

f:id:thyself2005:20141207201835j:plain
当然ピロピロ麺で洗い流す…啜り流すのだってアリアリです。

いわゆる絶品とはちょっと違う、ホッとするおいしいラーメン。麺を包み込むかのような優しき琥珀色のスープとの相性も良好で、これは食事でも飲んだ後の〆にでも、何かこう、エブリデイエブリタイムズビビンズビビン啜りたい。

ただ、金曜定休日、おまけに繁華街から離れた場所に位置するためふらり立ち寄るのはちょっと難しそうだから、とりあえず酒の代わりにスープをグビビングビビン飲み干すとしましょう。

f:id:thyself2005:20141207201837j:plain
ということで、当然完食じゃー。(※微妙に汚かったのでモザイク処理済み)

こういうお店が出てきてくれたことが素直に嬉しいし、勉強熱心な店主のことだからこれからも味の向上だとかに余念がないことでしょう。

この自家製麺でつけ麺なんかを食べられる日が来るのかな?とにもかくにも今後の展開を温かく見守りたいと思います。

店舗情報

店名 中華そば 葉山
住所 東京都新宿区市谷薬王寺町1(地図
電話番号
営業時間(月~木) 11:30~15:00
営業時間(土日祝) 11:30~17:30
定休日 金曜日、第2・第4木曜日
最寄駅 牛込柳町駅、曙橋駅
備考 祝日の場合、第2・第4木曜日は営業
祝日でも金曜日は定休日