読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

己【おれ】

多くの「己」が生きる中で「おれ」であること、そんな中二病のような思いから始めました。

デュラムセモリナ粉100%の打ちたて自家製麺!曙橋の油そば専門店「GACHI」の細麺油そば(並)

ラーメン 【東京】四ツ谷・市ヶ谷・飯田橋

f:id:thyself2005:20131008222422j:plain
先週開店したばかりのGACHIの細麺油そば…って麺が見えねー。

前々から油そばって要するにパスタだよねって思ってたんですが、先週10月1日(火)にオープンしたばかりの油そば専門店「GACHI」の場合は、パスタの原料でおなじみのデュラム小麦を100%使用し、お店半分の面積を有する製麺室で打ちたてたばかりの自家製麺による…、うーん、何ともスペシャリティな油そばが堪能できるとのことで、早速行ってきました。

都営新宿線・曙橋駅徒歩3分、できたてホヤホヤの油そば専門店「GACHI」

f:id:thyself2005:20131008222411j:plain

曙橋駅から距離的には50mほどなんですが、横断歩道がくねくねしている関係で、Google先生によると駅から徒歩3分とのことでした。

f:id:thyself2005:20131008222412j:plain
開店祝いの花もたくさん。暖簾にも打ちたて自家製麺の表記が。

f:id:thyself2005:20131008222413j:plain
さらには壁にまで自家製麺の4文字が。

よっほど強調したいようなので、当ブログでも自家製麺なんだよとアピールしておくことにします。何となく。

f:id:thyself2005:20131008222415j:plain
入口すぐの券売機。行列ができている場合は事前に買って待ちます。

開店して間もな過ぎることもあり、買えるメニューはメインの油そばと各種トッピングと「おかわり自由ごはん(100円)のみでした。
他のブログさんで話題にされていた「ほろほろ鳥のスープ(100円)」が気になってたんですが、売り切れなのか、残念ながら注文することができず。

白木のコの字型カウンター席と製麺室

f:id:thyself2005:20131008222416j:plain
空いている席に適宜座ります。

f:id:thyself2005:20131008222417j:plain
セルフサービスのお冷。

こちらは席と席の間にバランスよく配置されておらず、カウンター席奥にまとめられていて、入店した段階や食べている最中や食べ終わった後にお客さんの後ろをヘコヘコしながら汲みに行くという、ある種の水の旅人状態ではあるものの、

f:id:thyself2005:20131008222418j:plain
ドンドコ作ってます。

ご覧のように水汲みスペースのすぐ後ろではガシガシ製麺している光景が拝めますし、店側も狙ってやっていることだと思いますので、ここはその目論見に便乗してみるといいかもしれません。

f:id:thyself2005:20131008222419j:plain
つけ油そばと油そばカレー、そういうのもあるのか。

デュラムセモリナ粉100%の自家製麺に合わせるのは、醤油発祥の地として名高い和歌山県は湯浅町(国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている)にある1841年(天保12年)創業の超老舗醤油蔵が手がける「湯浅角長醤油」で、なんだか強調したいことが多すぎて必殺技の呼称が長すぎる人みたいになっておりますが、まあそういう感じです。

f:id:thyself2005:20131008222421j:plain
なぜかコンセントが。長居する人もでてきたり??

デュラム小麦100%の打ちたて麺と湯浅角長醤油による「GACHI」の油そば

f:id:thyself2005:20131008222422j:plain
具で麺が見えませんが細麺並盛りです。680円。

f:id:thyself2005:20131008222424j:plain
並々盛られてないのでワシャワシャかき混ぜやすい。

チャーシュー、かいわれ大根、メンマ、刻み海苔、白髪ねぎ、薬味背脂など。

f:id:thyself2005:20131008222425j:plain
びよーんと細麺です。並盛りだと180g。

鼻がそこまでよろしくないおれですら小麦と醤油の香りと風味、食べた時の絶妙な食感が分かるくらいですから、鼻のいい人や動物あたりがクンカクンカしようものなら良い意味で発狂してしまうんじゃないでしょうか。

f:id:thyself2005:20131008222426j:plain
店内に掲示されている油そばのガチな食べ方に従い、

f:id:thyself2005:20131008222427j:plain
どりゃりゃとかき混ぜます。

ちょっと残念だったのが、食べ方メモで20秒以内に①~⑤までの工程をクリアすべしと記載しているのに、麺が茹で上がってから盛りつけ・提供までに少なくとも1分以上かかっていた点ですが、これは開店早々のオペレーションならではのことだと思うので、時間的解決に期待したいところ…なんてことを考えたりもしつつどりゃりゃりゃどりゃりゃんかき混ぜます。

f:id:thyself2005:20131008222428j:plain
ハーブニンニク、唐辛子マヨネーズ、激辛メンマ等、卓上にはおよそそこいらの油そば店ではお目にかかれなさそうな調味料の数々が。

f:id:thyself2005:20131008222429j:plain
個人的にビビビときたのは昆布酢と激辛メンマ。

昆布特有のまろやかさでお酢の酸味を和らげるだけではなく旨味も追加できてしまうのがナイスで、スープのないメニューに感じられる物足りなさを自然と補完できてしまうスグレモノと言えます。

基本的に酢に昆布を漬けるだけの、ブライト以上に手間のかからない調味料とはいえ、こういった細やかな心配りが随所に感じられるあたり、さすがこの界隈で名を馳せる「庄の」グループが手がけるお店なだけありますね。

f:id:thyself2005:20131008222430j:plain
激辛メンマというよりは唐辛子ペーストに混ざったメンマが正しい。

f:id:thyself2005:20131008222431j:plain
思いの外入れ過ぎた。

それでも麺と醤油、2つの土台がしっかりとしているため、これよりももっと大量に入れたり、その他の調味料で味変しまくっても根底がぶれたりする必要がなさそうな安心感を覚えましたね。

f:id:thyself2005:20131008222432j:plain
もちろん完食。

次回はベストな提供タイミングで食べたいのと、小麦をよりダイレクトに感じるなら太麺にしてみようとか、早くも再訪することを視野に入れつつありますが、今後の成長が実に楽しみなお店でありました。

店舗情報

店名 油そば専門店GACHI
住所 東京都新宿区住吉町7-10 曙企画ビル1F(地図
電話番号 03-6380-4874
営業時間 11:00~15:00、17:00~23:00
定休日 日曜日
最寄駅 曙橋駅
リンク MENSHO | 明日の一杯を創る

マルちゃん 袋珍々亭 油そば 110g×10個

マルちゃん 袋珍々亭 油そば 110g×10個