読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

己【おれ】

多くの「己」が生きる中で「おれ」であること、そんな中二病のような思いから始めました。

ただただ“おいしい”醤油ラーメン!「二代目にゃがにゃが亭」の中華そば@東京・三河島

ラーメン 【東京】千住・綾瀬・葛飾
  • 【2016/10/06】店舗情報更新

f:id:thyself2005:20140101171545j:plain
祝2014年ということで、寿のナルトによる粋な計らい。三河島「二代目 にゃがにゃが亭」の焼豚わんたんそば味付玉子乗せ。

多くのラーメン店が日々しのぎを削る東京で、いつ食べても“おいしい”と感じさせてくれる1軒が、今回紹介する三河島の「二代目 にゃがにゃが亭」。
しばらくの間ご主人の体調不良で休業していましたが、本日元旦から営業再開とのことで早速訪問、ただただ”おいしい”1杯を味わって参りました。

JR常磐線三河島駅徒歩2分、L字型カウンター8席のラーメン屋「二代目 にゃがにゃが亭」

f:id:thyself2005:20140101171542j:plain
木のぬくもりが感じられる外観。

三河島駅以外だと、京成電鉄本線・新三河島駅、都電荒川線・荒川区役所前駅からそれぞれ徒歩10分でのアクセスが可能です。

f:id:thyself2005:20140101171543j:plain
カウンター8席とはいえ、従来のラーメン店よりもかなり広々とした感じ。

そのためゆったりと食事することが可能ですし、満席で行列ができる場合でも店内で待つのは1組のみなので、必要以上に視線を気にすることもありません。

f:id:thyself2005:20140101171544j:plain
卓上調味料は唐辛子、ブラックペッパー、ホワイトペッパーに甘酢。

ブラック&ホワイト2種類のペッパーを完備し、単に酢ではなく甘酢とするあたりにさり気ないこだわりが感じられますね。

今年からコーチンが加わったスープ、手切り自家製麺のちゅるるんとした食感が楽しい「二代目 にゃがにゃが亭」の中華そば

f:id:thyself2005:20140101171545j:plain
店主の快気祝いということで、従来の中華そば(680円)にチャーシュー、ワンタン、味付玉子を追加オーダー。

新春にちなみ、てっぺんの寿ナルトが何とも粋な計らいです。
寿を粋って書き直して乗っけて食べたい。

f:id:thyself2005:20140101171546j:plain
スモークタイプの豚ロース肉チャーシューが6枚入り。

デフォルトの中華そばだと2枚入りなのでプラス4枚。
ほんのりピンクがかった色合いがめでたい気分に拍車をかけてくれます。

f:id:thyself2005:20140101171547j:plain
とろっとろな黄身が当たり前に嬉しい味付玉子。

f:id:thyself2005:20140101171548j:plain
新年早々コーチンが加えられた滋味深い醤油スープに、

f:id:thyself2005:20140101171549j:plain
生地を踏んでは鍛えて延ばした手切りの自家製ピロピロ麺が絡みまくり。

味覚がそれほど鋭くないおれでも、ああ、この麺は新鮮と分かります。
ズルズルズモモモって下品な表現なんて一切似合わない、ちゅるるんてゅるるん舌触りも滑らかでいて噛んで飲み込む瞬間まで艷やかな印象が残って…えっと要するに、ただただ“おいしい”です。

f:id:thyself2005:20140101171550j:plain
中の餡に到達する以前の、口に入れた瞬間、皮の時点で既に旨いワンタン。

わんたんそば(880円)の人気も高いんだろうなぁ。

f:id:thyself2005:20140101171551j:plain
時間が経つとスープの熱で徐々に色褪せるチャーシュー。

桜色と通常のチャーシューって状態と、時間差で食べ比べてみるのも面白い。

f:id:thyself2005:20140101171552j:plain
面白いと言えば是非試して欲しいのがそば湯割り。

卓上に用意されている湯呑みに、残ったスープを3レンゲほど入れ、ポットに入ったそば湯を注ぐと完成。
普通にそば湯で割っただけのハズなのに、なんかこう、スープの持つ旨味だとかが増幅されたかのように、ガラッと印象が変わるんですよね。

イメージとして夏休み明けの同級生の気になるあのコみたいな。
1ヶ月会わなかっただけなのに、何がお前をそうさせたんだよ&おれの知らないところで色っぽくなりやがってコンチクショー的な、熱いそば湯よろしくひと夏のアバンチュールがそうさせたのかい…って書いてて気持ち悪くなったのでこの辺にしますし、そもそもそんな経験ございませんでしたってことで、とにかく騙されたと思ってそば湯割りを試してみてください。

f:id:thyself2005:20140101171553j:plain
当然完食じゃー。

化学調味料不使用だから大人も子供も安心して食べられるのも嬉しいところ。
+50円でさんま香油を入れるとコクが一層増すのでそちらもおすすめ。

ベースは福島県の白河中華そばではあるものの、固執せず、日々限定メニューの開発や既存メニューのバージョンアップを試みる姿勢が良いですね。

f:id:thyself2005:20140101171600j:plain
f:id:thyself2005:20140101171601j:plain
三が日限定かな?手作りプリン(180円)も美味しかった!

昼のみですが三が日もしっかり営業しているので、この記事を読まれて興味を覚えた方は初詣がてら是非足を運んでみてください。

店舗情報

店名 二代目にゃがにゃが亭
住所 東京都荒川区荒川3-61-6(地図
電話番号 03-6806-8586
営業時間 09:30~14:45(売切れ次第終了)
定休日 火曜日
最寄駅 三河島駅、新三河島駅、荒川区役所前駅