読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

己【おれ】

多くの己が生きる中で“おれ”であること、そんな中二病のような思いから始めました。東京・B級グルメ・漫画に関する記事中心ですが、基本的にノンジャンル。自由気まま風の吹くままお届けします。

ただただ“おいしい”三河島「二代目にゃがにゃが亭」の中華そば。毎年お正月に食べるのが楽しみな1杯

ラーメン 【東京】千住・綾瀬・葛飾

この記事について

  • 2016/12/22:テキストなど更新
  • 2014/01/01:初公開

f:id:thyself2005:20161222201847j:plain
そそるかな ナルトが乗ると そそるよね

多くのラーメン店がしのぎを削る東京で、いつ食べても“おいしい”と感じさせてくれる1軒が、今回紹介する三河島の「中華そば 二代目にゃがにゃが亭」なんですよ、これが。

JR常磐線・三河島駅徒歩2分。L字型カウンター8席のラーメン専門店「中華そば 二代目にゃがにゃが亭」

f:id:thyself2005:20161222201845j:plain
木のぬくもりが感じられる外観。

三河島駅以外だと、京成電鉄本線・新三河島駅、都電荒川線・荒川区役所前駅からそれぞれ徒歩10分でのアクセスが可能。

店内においては商品以外の写真撮影禁止のため、言葉だけでの説明となりますが、まず入口右手の券売機で食券を購入します。写真のように運良く行列がなければそのまま入店&着席できるのですが、並びが発生している場合は店頭などに貼られた注意書きやスタッフの指示に従って待つ形となります。

基本メニューは醤油味の中華そば。その中華そばには濃口ダレと薄口ダレ(さんま香油使用)の2種類が存在し、あとはそこにワンタンや味付玉子などのトッピングを乗せるか乗せないかで買う食券が異なってくる感じですね。季節によって中華そば以外のメニューもあったりするので、気になる方は訪問前に公式Twitterなどを確認してみると良いでしょう。

手打ちの技法を活かしたイカした自家製麺と優しい醤油スープが“おいしい”三河島「二代目にゃがにゃが亭」の中華そば

f:id:thyself2005:20161222201846j:plain
口にする前から「アカン、これ絶対おいしいヤツだ!」とつい口にしちゃう、そんなビジュアル。

写真は濃口ダレの中華そばで1杯720円。薄口ダレのさんま香油そばは+30円で1杯750円。

f:id:thyself2005:20161222201847j:plain
トッピングは、スモークタイプの豚チャーシュー、メンマ、青菜、刻みネギに海苔、そしててっぺんにどーんとナルト。

「二代目にゃがにゃが亭」の特別仕様ではありますが、丼ぶり内側の八卦模様と言いそそる見た目じゃあーりませんか。

f:id:thyself2005:20161222201848j:plain
アッサリとしつつも大変滋味深い醤油味のスープ。

f:id:thyself2005:20161222201849j:plain
生地を踏んでは鍛えて延ばした手切りの自家製ピロピロ麺がスープに絡みまくり。

通常の機械製麺の3倍を超える時間と手間をかけ、さらに1~2晩熟成させた後に完成するという渾身のそれは、中華そばだと1杯につき1玉(160g)使用するとのこと。一般的なラーメンよりもやや多めの分量ですが、気づいたら麺が残ってない!なんて状態に陥ることもしばしばなくらいに良好な啜り心地。ズルズルズモモモって下品な表現なんて一切似合わない、チュルルンテュルルン舌触りも滑らかで噛んで飲み込む瞬間まで艷やかな印象が残って…えっと要するに、ただただ“おいしい”!

ちなみに、以前は卓上にそば湯ポットが設置されており、湯呑みに残ったスープを3レンゲ分ほど入れてから注いで飲むのが実にたまりませんでした。普通にそば湯で割っただけなのに、こうスープの持つポテンシャルだとか旨味が一気に増幅されたかのようで、「ああ、食べに来て良かったなー」とよく感慨に耽ったものです。

f:id:thyself2005:20161222201850j:plain
麺の旨さをよりダイレクトに体感したい場合は、江戸辛味大根とともにサッパリいただくざる中華もおすすめ。

f:id:thyself2005:20161222201851j:plain
あと、ここ数年元旦営業も実施しており、今のところ毎年早々にいただいております。

写真は今年2016年の雲呑焼豚そば(1,100円)で、新春にちなみてっぺんの寿ナルトが何とも粋な計らいですね。

化学調味料不使用だから大人も子供も安心して食べられるのも嬉しく、ベースは福島県のご当地ラーメン・白河中華そばではあるものの、それだけに固執せず、日々限定メニューの開発や既存メニューのバージョンアップを試みる姿勢もストイックでステキ。

https://twitter.com/nygnyg/status/811853517090492416

2017年も元旦から営業するってよ!

来年の正月は土日祝日のタイミングが例年以上に酷であまり休めない方も多いことでしょう。

でも、そんな時こそ「二代目にゃがにゃが亭」で初ラーメンを決めてみると最高の出だしが切れるかも?この記事を読まれて興味を覚えた方は初詣がてら是非足を運んでみてください!

店舗情報

店名 中華そば 二代目にゃがにゃが亭
住所 東京都荒川区荒川3-61-6(地図
電話番号 03-6806-8586
営業時間 09:30~14:45(売切れ次第終了)
定休日 火曜日
最寄駅 三河島駅、新三河島駅、荒川区役所前駅