読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

己【おれ】

多くの己が生きる中で“おれ”であること、そんな中二病のような思いから始めました。東京・B級グルメ・漫画に関する記事中心ですが、基本的にノンジャンル。自由気まま風の吹くままお届けします。

漫画『孤独のグルメ』に登場!渋谷「魚力」の冬季限定ブリ照焼定食。ごはん不足が当選確実?おかわり自由で満腹確実!!

【漫画】孤独のグルメ 【和食】寿司・魚介類 【レストラン他】定食・食堂 【東京】渋谷・恵比寿・代官山 【東京】京王・小田急沿線 レトロ

渋谷の老舗鮮魚店直営「魚力」の冬季限定メニュー・ブリ照焼定食
「うんうん 食べはじめたばかりなのに ごはん不足が当選確実」

精緻の極みとも言うべき故・谷口ジロー氏の作画でおなじみ、漫画版「孤独のグルメ2」第10話「東京都渋谷区松濤のブリ照り焼き定食」の聖地巡礼レポートをお届けいたします。

(C)孤独のグルメ(扶桑社/久住昌之/谷口ジロー)
井之頭五郎もご満悦な渋谷「魚力」のブリ照焼は冬限定の定食。

初めて訪れた2014年6月には当然無く、代わりに骨までガブリなトロットロのサバ味噌煮定食をいただいたワケですが、今回紹介するブリ照焼もまたね、それはそれはごはん不足が当選確実な逸品でした!

【関連】これまで書いた「孤独のグルメ」記事など

続きを読む

漫画版「孤独のグルメ」聖地巡礼記事30本まとめ

【漫画】孤独のグルメ まとめ

この記事について

  • 2017/02/27:テキストなど更新
  • 2015/09/27:初公開

漫画版「孤独のグルメ」聖地巡礼記事まとめ
各店の料理写真をまとめるとなかなか味わい深いもんありますね。

己【おれ】で取り上げた漫画版「孤独のグルメ」の舞台となったお店探訪記、通称“聖地巡礼”記事を1巻&2巻分まとめてお届け!

気になるお店がありましたら実際に足を運ばれてみてはいかがでしょうか?*1

*1:記事化前に閉店してしまった、諸事情によりガラリと変わってしまったなどの店舗は省いております。

続きを読む

“蕎麦界の二郎”が『星のや東京』に降臨!大手町「港屋2」の肉そば

【和食】そば・うどん・麺類 【東京】東京・日本橋

大手町「港屋2」の冷たい肉そば
あの独創的な立ち食い蕎麦屋が大手町にやって来た!

2002年7月創業の「港屋」はオープン当初から話題となり、“蕎麦界のラーメン二郎”なる異名でも有名になりつつある孤高の存在。

無数のインスパイア店や商品が生み出されるもどうしたって本家に及ばないこと早10数年。その「港屋」が2016年8月、西新橋の本店に次ぐ2号店を天下の大手町にオープン!その名も「港屋2(ツー)」!!

… … …
いやいや1(ワン)があるから2(ツー)て。。って具合に、ちょっと気が抜ける店名なんですが、伝説の立ち食い蕎麦屋として名を馳せる日もそう遠くないであろう、本家本元の直営店をご紹介。

【関連】本店や「ラーメン二郎」についての記事

続きを読む

“蕎麦界の二郎”にして恐らく日本一行列のできる「港屋」の鶏そば@東京・西新橋

【和食】そば・うどん・麺類 【東京】赤坂・永田町・溜池

この記事について

  • 2017/02/24:テキストなど更新
  • 2006/03/31:初公開

西新橋「そば処港屋」の温かい鶏そば
どーんとボリュームたっぷりな西新橋「港屋」の温かい鶏そば。

立ち食い蕎麦って便利ですよね。いつ行っても営業しているし、“早い・安い・旨い”の三拍子を徹底しているから気軽に利用できちゃう。

そして、そんな立ち食い蕎麦屋さんで最も異質かつ大胆なお店といえば、東京・西新橋にある「そば処港屋」。

2002年7月創業と中堅クラスの歴史を誇りますが、オープンしてから今日に至るまで、蕎麦業界はおろか飲食業界全体、いや、それすらも飛び越えて強烈なインパクトを与え続ける孤高の存在。

歯応え満点の極太田舎そばに辛いつゆ
こんな蕎麦、そうはお目にかかれません。

今回は“蕎麦界のラーメン二郎”と呼ばれ、恐らく日本一行列のできる立ち食い蕎麦「港屋」を紹介いたします。

【関連】待望の「港屋」2号店が大手町にオープン!

続きを読む

【銀座天龍】通常の倍サイズの大ぶり餃子が8個!名物餃子ライスは、ライスが足りなくてやはり酷だ、残酷です

【中華】餃子・肉まん 【レストラン他】定食・食堂 【東京】銀座・新橋・有楽町 レトロ

この記事について

  • 2017/02/23:テキストなど更新
  • 2013/09/22:初公開

f:id:thyself2005:20160515111303j:plain
通常の2倍は余裕であろう大ぶり餃子が8個!“東京三大ジャンボ餃子”の一角を担う「銀座天龍」の名物餃子。

「亀戸餃子本店」のレビュー記事でライスがないのは残酷と締めくくりましたが、今回は少々勝手が異なりまして、ライスはあるんだけどおかずの餃子があり得ないボリュームで、ライスが(足り)なくて残酷、そんなある意味贅沢な餃子ライスを紹介いたします。

続きを読む