読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

己【おれ】

主に東京・グルメ・漫画・旅行ネタ。己【おれ】と命名するも乙【おつ】と勘違いされることもよくある残念なブログです。

神楽坂駅近くの老舗町中華「五芳斉」のワンタン麺&冷し中華。こういうのがいいんだよ、こういうのが

古き良き“普段着の味”を今に伝える神楽坂の老舗町中華「五芳斉」のワンタン麺
古き良き“普段着の味”を今に伝える神楽坂「五芳斉」のワンタン麺。

五感を研ぎ澄ませて目の前の1杯に向き合うのもひとつの醍醐味であれば、昼下がりにフラリ立ち寄った何気ない中華屋さんでズビビン啜り上げるのもラーメン巡りのまたひとつの醍醐味。

東京都新宿区榎町(えのきちょう)。東京メトロ東西線・神楽坂駅徒歩7分ほどの早稲田通り沿いにある老舗町中華「五芳斉(ごほうさい)」のワンタン麺と冷し中華をご紹介。

続きを読む

1回で太麺・細麺が楽しめるつけ麺屋「神田 勝本」の醤油つけそば&人気の炙りチャーシューご飯

1回で太麺・細麺が楽しめるつけ麺専門店「神田 勝本」の味玉清湯(しょうゆ)つけそば
1度に太麺&細麺と両方楽しめる「神田 勝本」の合盛りつけ麺。

例えば、食べている最中に特製の薬味を入れると味が変わり、1回で2つの味が楽しめるラーメンはもはや定番のスタイルと言っても過言ではありませんが、それなら1回で2つの麺が楽しめる場合はどうか。
1杯の丼に太麺と細麺が半々に盛られ、食べ手の好みによって太麺を先に、細麺を先に、ええいままよと太麺と細麺をミックスにしていただく、そんなつけ麺の場合はどうか?

神保町駅徒歩4分。2016年2月オープンのつけ麺専門店「神田 勝本」のつけそばをご紹介。

続きを読む

麻布十番商店街で人気の老舗「月島家」の生地に黒糖を使った今川焼き

麻布十番商店街で人気の老舗「月島家」の生地に黒糖を使った今川焼き
アッツアツの生地をパカッとする瞬間がたまらなく好き。

麻布十番商店街で豆と言えば、1865年(慶應元年)創業と150年以上の歴史を誇る「豆源」がつとに有名ですが、通りを挟んで真向かいにある「月島家(つきしまや)」もまた、原料に北海道産小豆を使用する小倉あん今川焼きで名高い和菓子屋さんなのです。

続きを読む

1皿250円!行列が絶えない人気の老舗「亀戸餃子 本店」の野菜たっぷりヘルシー焼き餃子!これでライスがないのは酷だ、残酷です

  • 2017/04/21:更新
  • 2013/08/11:初公開

1皿250円!行列が絶えない人気の老舗「亀戸餃子 本店」の焼き餃子
1皿250円、2皿でもワンコインな「亀戸餃子 本店」の焼き餃子。もちろん焼きたて!

餃子と言えばラーメンに次ぐ国民食…と独り勝手に思っているワケですが、そんな餃子を低価格でこれでもかと満喫できるのが亀戸にこの店あり的な雰囲気ビンビン!1955年(昭和30年)創業の老舗「亀戸餃子 本店」なのです。

続きを読む

御徒町駅徒歩1分の老舗「中華 大興」のラーメン半チャーハンセット。480円のラーメンはじめリーズナブルでおいしい中華料理が満喫できる人気店

JR御徒町駅徒歩1分の老舗「中華 大興」のラーメン・半チャーハン
ランチタイムだとちょっとした小鉢&お新香付き。

鶯谷駅徒歩0分の「大弘軒」、上野アメ横ガード下の「珍々軒」は、どちらもワンコインラーメンを筆頭にコストパフォーマンスに優れた中華料理を堪能できる老舗。

そもそもこのご時世、天下のJR山手線駅近くで老舗の味が安く召し上がれる時点で奇跡と言っても過言じゃない気はするんですが、上野駅と秋葉原駅に挟まれた御徒町駅にも、これまたステキなお店がございましたと、こういうワケでございます。

続きを読む