読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

己【おれ】

多くの己が生きる中で“おれ”であること、そんな中二病のような思いから始めました。東京・B級グルメ・漫画に関する記事中心ですが、基本的にノンジャンル。自由気まま風の吹くままお届けします。

JR鶯谷駅徒歩0分の老舗町中華「大弘軒」のワンコイン醤油ラーメンは、見た目、味わい共に“こういうのでいいんだよ”なおいしい1杯

ラーメン 【中華】餃子・肉まん 【レストラン他】定食・食堂 【東京】上野・浅草・日暮里 レトロ ワンコイン

JR鶯谷駅徒歩0分の老舗町中華「大弘軒」のワンコイン醤油ラーメン
昔ながらの見た目。それでも白にピンクと鮮やかなナルトは生涯現役を物語っているかのよう。

いわゆる“こういうのでいいんだよ”な手作りラーメンを、こんなご時世でもワンコイン価格でいただける中華料理屋がJR鶯谷駅目の前にある。駅から徒歩1分どころか30秒すらかからない、本当に目の前の場所にある。しかもラーメン以外のメニューも豊富で、どの料理も基本的にお手頃&ボリューム充分ときたもんだ。

そんな、近所にあるとついフラリフラリと入り浸ってしまいそうな鶯谷の老舗「大弘軒(たいこうけん)」をご紹介。

【関連】これまで書いたワンコイングルメ&近隣エリアの記事一覧

続きを読む

【孤独のグルメ】神宮球場のウインナーカレーと名物ウインナーメガ盛でぶたがダブってしまったけど(生ビール半額ナイターで結局)気分は上機嫌

【漫画】孤独のグルメ カレー 【レストラン他】定食・食堂 イベント 【東京】原宿・表参道・青山 レトロ

この記事について

  • 2017/03/21:更新
  • 2014/09/01:初公開

神宮球場「麺や秀雄」のウインナーカレーライス
ナイターなら暑くて熱くて辛くて味もなにもよくわからない…なんてことない!

今回は漫画版「孤独のグルメ」第13話「東京都渋谷区神宮球場のウィンナー・カレー」でおなじみのカレーライス、明治神宮野球場(以下、神宮球場)名物メニューだとかをコッテリご紹介。

【関連】これまで書いた「孤独のグルメ」記事

続きを読む

【千駄ヶ谷・ホープ軒】ネギ入れ放題の元祖背脂入りラーメン!1960年創業、東京の老舗豚骨醤油ラーメン!!

ラーメン 【東京】四ツ谷・市ヶ谷・飯田橋 レトロ

この記事について

  • 2017/03/19:更新
  • 2014/08/26:初公開

背脂チャッチャ系のルーツ、千駄ヶ谷「ホープ軒」の東京豚骨醤油ラーメン
日々多くの胃袋を満たし続ける千駄ヶ谷「ホープ軒」は背脂チャッチャ系ラーメンのルーツでもあります。

先日50年の歴史に幕を下ろした国立競技場に明治神宮野球場や東京体育館などのスポーツ関連施設が立ち並ぶエリアなだけに、特に試合当日は多くの観客やタクシー運転手などで賑わう東京の老舗ラーメン店、それが千駄ヶ谷「ホープ軒」なのです。

続きを読む

【新橋・ほりうち】昔ながらのアッサリ鶏ガラ醤油ラーメンが売り!でも、250gの肉塊チャーシューメンはもっと売り!!

ラーメン 【東京】銀座・新橋・有楽町

この記事について

  • 2017/03/18:更新
  • 2014/03/04:初公開

250gもの肉塊を携えた新橋「ほりうち」のチャーシューらぁめん
一見穏やか、でもその実250gもの肉塊を携えた新橋「ほりうち」のチャーシューメン。

いわゆる「ラーメン二郎」のようなガッツリ系ラーメンの特徴として、濃厚ギトギトスープに極太麺、タワーと形容しても差し支えのないヤサイ量だなんてものが挙げられますが、どうせガッツリ行くのなら、たまにはアッサリ系ででもいかがですか?

…ということで、これまで数回に渡って紹介した新橋駅烏森口徒歩2分のラーメン専門店「らぁめん ほりうち 新橋店」の登場でございます。

続きを読む

元祖ニンニク入れますか!武蔵関「いごっそう」は只の二郎系じゃない、オリジナルだ!!

ラーメン二郎 ラーメン 【東京】西武沿線 【東京】西東京市周辺

武蔵関「いごっそう」の豚入りらーめん煮玉子ヤサイニンニク
あのキャッチフレーズを世に知らしめたサカイさんが切り盛りする武蔵関「いごっそう」の豚入りらーめん。

「ラーメン二郎」を語る上で欠かすことのできないキャッチフレーズであり代名詞・「ニンニク入れますか?」

その問いかけに対して「ヤサイカラメニンニク」とかって呪文のようなレスポンスをするのが半ばお約束となっていて、今日もあの街この街の「二郎」やその他インスパイア店で淡々と繰り広げられていることでしょう。

東京都練馬区関町南。青梅街道沿いの「らーめん いごっそう」
東京都練馬区関町南。青梅街道沿いの「らーめん いごっそう」

そんなパワーワード「ニンニク入れますか?」をおれが初めて耳にしたのは、ちょうど20年前の1997年の「ラーメン二郎 三田本店」でして、それは創業者・山田拓美氏の口から発せられたとかではなく、名助手として名を馳せたサカイさんの甲高い発声によるものでした。

今回は往年のジロリアンが一様に「なつかしい」と口を揃えるであろう、あのサカイさんが腕を振るって今年で17年目の老舗・武蔵関「らーめん いごっそう」をご紹介。

続きを読む