読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

己【おれ】

漫画、B級グルメ、東京ネタメインですが、基本的にノンジャンル。自由気まま風の吹くままお届けします。

新宿思い出横丁の人気ワンコインラーメン!「若月」のラーメン・つけめん・焼きそばの自家製麺3連発

ラーメン 【和食】そば・うどん・麺類 【東京】新宿・代々木・大久保 レトロ

f:id:thyself2005:20160520132151j:plain
初めて食べたラーメンって、こんな1杯だったのかもしれない。

“ションベン横丁“とも揶揄され、戦後間もない頃に存在した闇市の面影を今も残す新宿大ガードすぐそばの思い出横丁において、同じくらいの歴史を誇るのが1948年創業の老舗「らーめん若月」。

やれ増税だ材料費の高騰などで値上げを余儀なくされる飲食店が多い中、自家製麺を使用した昔なつかしい醤油ラーメンが1杯480円で味わえる喜び…さっそく紹介してみたいと思います。

続きを読む

あの信玄餅が高級アイスに!「プレミアム桔梗信玄餅アイス」を取り寄せて食べてみた

【菓子】菓子全般

f:id:thyself2005:20160519163651j:plain

もう随分と前に信玄餅の正しい食べ方について記事にしたことのある信玄餅なんですが、定番の餅シリーズ以外にも様々な商品ラインナップがございまして、その中でも気になっていたのがアイス!ズバリ、「プレミアム桔梗信玄餅アイス」なる逸品をゲットしましたので、食べた時の様子をサクッとシェアしてみたいと思います。

続きを読む

ライス無料に大盛りサービス!銀座「香味徳」の牛骨ラーメンランチがお得すぎる件

ラーメン 【和食】丼もの 【東京】銀座・新橋・有楽町

f:id:thyself2005:20160518132756j:plain
+50円でミニ丼が付いてくる銀座「香味徳」のお得なランチセット。

2年前の2014年、漫画版「孤独のグルメ」の聖地巡礼目的で、東京から飛行機で鳥取市役所食堂にラーメンとカレーライスを食べに行ったことがありまして、そん時に鳥取の食べ物って美味しいなーと実感したんですね。で、鳥取ご当地ラーメンのひとつ・牛骨ラーメンも現地でしこたまズビビンズビビン啜りましたと。

一見アッサリとしつつも、いざスープをひと口含んでみるとその見た目に反してグイグイ押し寄せる旨味が印象的で。。

…そんなあの頃を思い出すように、あれから数年経った今も通い続けているのが、東京で鳥取牛骨ラーメンを味わえる唯一のお店「香味徳(かみとく) 銀座店」なんざます。

続きを読む

毎日でも通いたい谷中の古民家カフェ「花歩」の絶品シナモントースト他!洋楽流れるまったり空間、細やかな気配り、何から何まで最高!!

【洋食】パン・サンドイッチ・ベーグル カフェ・喫茶店 【東京】谷根千(谷中・根津・千駄木) レトロ

f:id:thyself2005:20160516164835j:plain
その見た目にわお、食べてわおォンな谷中「珈琲 花歩」の絶品シナモントースト。

谷根千(谷中、根津、千駄木の各頭文字を取った東京23区の大人気スポット)エリアの中でも谷中の人気と知名度は頭ひとつ抜けていて、谷中銀座商店街をはじめ、日々多くの観光客が散策を楽しんでいる様子が伺えます。

今回紹介する「花歩(かぽ)」は、平日月・火・水と1週間で3日のみの営業&谷中地区の中でも端の場所に位置するため、知らないとまず辿り着けない穴場感がグッド、運良くありつけたらそれはもうベリーグッド、この記事のタイトルで示しているとおり、叶うなら毎日でも通いたい、そんなステキすぎるカフェでございまする。

続きを読む

谷根千散策の〆におすすめ!千駄木の老舗人気居酒屋「にしきや」の美味しい料理に舌鼓打ちまくり

【和食】寿司・魚介類 【和食】天ぷら・揚げ物 居酒屋 【東京】谷根千(谷中・根津・千駄木) レトロ

f:id:thyself2005:20160418091913j:plain
「もっと早くから足を運んでいれば良かった」

そんなことを考えながら名物の煮込み豆腐だ何だを口にするの、もう何回目……いや、何十回目なんだろう。

国内外から多くの観光客が訪れる谷根千(谷中、根津、千駄木の各頭文字を取った東京23区の大人気散策スポット)エリアにおいて、1952年(昭和27年)創業と60年以上の歴史を誇る老舗「にしきや」。

f:id:thyself2005:20160411011730j:plain
100席のソファとシャンデリアがまぶしい「ニュートーキョー」。

前回紹介した「ニュートーキョー」を谷根千巡りの初めに立ち寄るルイーダの酒場と仮定するなら、今回取り上げる「にしきや」は旅の締めくくりにピッタリのお店と言えるでしょう、言えるんじゃないかな、ムダに多い写真とともにその魅力をお届けいたします。

続きを読む

ソファ100席!日暮里駅前の大型老舗喫茶「ニュートーキョー」の半熟目玉焼きドライカレー

カフェ・喫茶店 【レストラン他】定食・食堂 カレー 【東京】上野・浅草・日暮里 【東京】谷根千(谷中・根津・千駄木) レトロ

f:id:thyself2005:20160411011744j:plain
ドライカレーに目玉焼きにソーセージ。好物の品々をワンプレートでいただける喜び。

“新しい”を意味するNEWという英単語もニューと書けばそこまで新しい感じがしなくなりますし、ましてやその後ろにトーキョーと付こうものならその肌感覚は確信へと変わる不思議。

日暮里駅徒歩0分、これを駅近と呼ばずして何と呼ぼう。それでいて100席ものテーブル席を有する大型老舗喫茶「カフェ&レストラン談話室 ニュートーキョー」の目玉焼きドライカレーを紹介いたします。

続きを読む

世界初のフグ出汁ラーメン!銀座「八代目けいすけ」の塩ラーメン&フグ茶漬け。ザギンでグーフーをラーメンで!

ラーメン 【東京】銀座・新橋・有楽町

f:id:thyself2005:20160404002205j:plain
ラーメンもとうとうフグで出汁を取る時代になりました。

バブル景気を象徴するキーワードとしてしばしば挙げられる「ザギンでグーフー」は、バブルがとうに崩壊した今ではほとんど耳にする機会こそなくなりましたが、それでも銀座でフグを口にすることはおれみたいな庶民にとって高嶺の花であることに変わりありません。

「いつの日か大枚はたいてザギンでグーフーを堪能しまくってやる!そんなグフフな未来を実現してやるんだ……」

そう思い続けてきたものの、まるで叶いそうもない現実に神様も情けをかけてくださったのかことが功を奏したのか、3月31日(木)にオープンしたばかりの「東急プラザ銀座」に、なんと世界初となるふぐ出汁ラーメンが食べられるお店が誕生したとのことなので、足取りも軽やかに行って参りました。

続きを読む

29年間ありがとぅ!下北沢のたこ焼き専門店「大阪屋」閉店レポ。4時間待ち、100人超えの大行列伝説を作る

【和食】お好み焼き・たこ焼き(その他) 【東京】京王・小田急沿線 レトロ

f:id:thyself2005:20160131025411j:plain
普通じゃ考えられない待ち時間の果てにゲットした下北沢「大阪屋」の15個入りたこ焼き。

下北沢、いや、東京で最も好きなたこ焼き専門店の「大阪屋」が2016年1月30日の営業をもって29年間の歴史に幕を下ろした。

ご主人(おっちゃん)や女将さん(おばちゃん)の体調不良だとか売上が芳しくないからとかではなく、大家変更による家賃の大幅値上げがその理由だそうで、新しい物件を探したりと継続意欲はまったく衰えていないご様子。

f:id:thyself2005:20160131025404j:plain

お知らせ
この30日を持ちまして閉店の運びとなりました。
29年間本当にお世話になりました。有り難うございました。
お客様の暖かいお心と御理解の元ここまでやってこられました。
又、何処かで頑張れればと思っております。
その節はお客様のお力が又必要です。どうか宜しくお願い申し上げます。
本当に長い間有り難うございました。心から感謝しております。
大阪屋

こちらこそ心より感謝。ありがとぅ!(※語尾の「とぅ」が上がるおっちゃんのマネ)

再開がいつになるか分からないけれど、別に今生の別れというワケでもないし、きっとまたどこかで会えそうな気がする。
少なくともおれや長い長い大行列の一端を担った誰しもがそう信じているだろうし、つまりは、さよならだけどさよならじゃない。

しみったれたことなんて書くつもりは毛頭ない。けれどもこの場所で買える最後の「大阪屋」たこ焼きには違いない。
おれにできるわずかな力添えとして、歴史を残す、風化させないだなんて思いも込め、下北沢のとあるたこ焼き屋さんの最終営業日の模様を愛のままにわがままに綴ってみたいと思います。

続きを読む

大阪で味わうしょっぱウマラーメン!「宗家一条流がんこラーメン十八代目」のねぎ油塩ラーメン

ラーメン 【大阪】大阪市

f:id:thyself2005:20151222134340j:plain
コクとキレを兼ね備えた大阪「宗家一条流がんこラーメン十八代目」の塩ラーメン。

当ブログの人気記事「悪魔ラーメン」など個性的な1杯を追求するがんこ系一門の1店にして、2005年5月開業の「宗家一条流がんこラーメン十八代目」に行って参りました。

齢70歳間近の創業者が今なお自由奔放に腕を振るいまくっている東京・四谷三丁目「一条流がんこラーメン総本家」に比べて足を運びにくいこともあり、現時点で1回切りの訪問となっておりますが、それでも往年のがんこイズムをしかと感じ取れる1杯だったと思います。

続きを読む

肉うどんのうどん抜き!大阪名物“肉吸い”の元祖「千とせ」の肉吸い小玉セット

【和食】そば・うどん・麺類 【レストラン他】定食・食堂 【大阪】大阪市 レトロ

f:id:thyself2005:20160118163856j:plain
うどん専門店で味わううどん抜き。一見変わり種とも取れるメニューがお店の看板商品となりついには大阪名物と呼ばれるまでに。

吉本新喜劇の座長も務めたお笑い芸人の故・花紀京氏が2日酔い明けのカラダに優しいものを~と注文したことがその始まりとされる肉うどんのうどん玉抜き。

そんな“肉吸い(にくすい)”発祥のお店として名高い大阪なんばの老舗「千とせ」に行って参りました。

続きを読む