読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

己【おれ】

主に東京・グルメ・漫画・旅行ネタ。己【おれ】と命名するも乙【おつ】と勘違いされることもよくある残念なブログです。

御徒町駅徒歩1分の老舗「中華 大興」のラーメン半チャーハンセット。480円のラーメンはじめリーズナブルでおいしい中華料理が満喫できる人気店

JR御徒町駅徒歩1分の老舗「中華 大興」のラーメン・半チャーハン
ランチタイムだとちょっとした小鉢&お新香付き。

鶯谷駅徒歩0分の「大弘軒」、上野アメ横ガード下の「珍々軒」は、どちらもワンコインラーメンを筆頭にコストパフォーマンスに優れた中華料理を堪能できる老舗。

そもそもこのご時世、天下のJR山手線駅近くで老舗の味が安く召し上がれる時点で奇跡と言っても過言じゃない気はするんですが、上野駅と秋葉原駅に挟まれた御徒町駅にも、これまたステキなお店がございましたと、こういうワケでございます。

JR御徒町駅徒歩1分、地下鉄の御徒町各駅だと徒歩10秒とアクセス抜群!創業60年超えの老舗「中華 大興(たいこう)」

御徒町で創業60年超えの老舗「中華 大興(たいこう)」
御徒町駅前は世界的にメジャーなアメ横やら秋葉原から流れて来る観光客で賑わっておりますが、ちょっと路地裏に入るとこういう雰囲気なのがたまりません。

「大興」は戦後の闇市時代の創業で、こうやってお店を構える以前は屋台で営業していたらしく、戦後、屋台、闇市って数々のキーワードが何というか時代を物語っておりますし、気持ちくたびれた外観だからこそ白に黒字の看板が映えるというもの。
所狭しと放置されている夜営業用の瓶ケースやら何やらもこの場合は味として捉えられます。

向かいが質屋なのも何だか味わい深い@御徒町「中華 大興」
地下鉄だとA7出口から徒歩10秒でコレですよ。向かいが質屋なのも何だか味わい深い。

これまで数多くの「孤独のグルメ」登場店を巡って来た経験から判断しますと、この「大興」だって取り上げられてもおかしくないですね。向かいから歩いて来たスーツ姿の男性が、心なしか井之頭五郎に見えました。

豊富なメニュー数にカウンター席無しのテーブル席のみ。混雑時は相席必須だけど、比較的落ち着いた食事が可能

ランチメニューは麺類や丼もの以外にも定食系も充実@御徒町「中華 大興」
ランチメニューは麺類や丼もの以外にも定食系も充実。15:00過ぎでも利用できるのもナイス。

店内は2名掛け&4名掛け各テーブルの組み合わせで22席。満席の場合はテラス席も登場。

御徒町「中華 大興」の壁掛けメニュー
ランチセットはライスおかわり無料で、スープ・お新香・小鉢付き。

壁一面にビッシリ貼り出された単品メニュー@御徒町「中華 大興」
壁一面にビッシリ貼り出された単品メニュー。

反対の壁にはドリンクメニューがこれまたビッシリと@御徒町「中華 大興」
反対の壁にはドリンクメニューがこれまたビッシリと。

どれもあると嬉しいタイプの品々ですが、個人的に気になったのは、食べ物だとどっさりネギのスープ冷奴、香草サラダ、レバカツ。飲み物だとダバダ火振などの焼酎が2合だと割安になる点。生ビールも中ジョッキで430円。

ランチタイムサービスの小鉢にお新香、それと冷たいお茶@御徒町「中華 大興」
ランチタイム利用の場合、オーダーを済ませるとお茶以外にお新香と小鉢が登場。

寒い時期だと温かいお茶@御徒町「中華 大興」
寒い時期だと温かいお茶。ステキな心配り。

テレビを観ながら中華料理を待つ昼下がり@御徒町「中華 大興」
テレビを観ながら中華料理を待つ昼下がり。

入口脇のカゴに積み重ねられた雑誌を手に取って入って来て、まるでそこが指定席かのように腰掛けるおじいちゃん(たぶん長年通い続けてこの日のこの時間帯だとこんな混み具合っていうのを感覚的に把握している)とか、ピークタイムをとうに過ぎた14:00台とかでも9割近く埋まっている日もあれば、入店して真っ昼間から冷酒を決めたりと、要するに地元の常連さんにもしっかり愛されているんだなーと。

ラーメンは鶏ガラ・豚ガラ・人柄が大切。それが自ずと理解できる御徒町「中華 大興」のラーメン半チャーハンセット

JR御徒町駅徒歩1分の老舗「中華 大興」のラーメン・半チャーハン
ちなみに鶏ガラ・豚ガラ・人柄は、ラーメン評論家の故・武内伸氏が残した名言です。

JR御徒町駅徒歩1分の老舗「中華 大興」のラーメン・半チャーハンセットの醤油ラーメン
いわゆる“こういうのでいいんだよ”なビジュアル。

JR御徒町駅徒歩1分の老舗「中華 大興」のラーメン・半チャーハンセットの半チャーハン
ラーメンだけだと物足りないって時にジャストサイズな分量の半チャーハン。

ランチタイムだと小鉢&お新香付き@御徒町「中華 大興」
この日の小鉢とお新香は、ピリ辛モヤシとキャベツの浅漬け。

青菜とナルトに思わずニンマリなアッサリ醤油味のラーメン@御徒町「中華 大興」
青菜とナルトに思わずニンマリなアッサリ醤油味のラーメン。

チャーシュー、メンマ、刻みネギの各種トッピングも彩りに貢献。

動物系メインの優しさとコクをはらんだ醤油スープ@御徒町「中華 大興」
動物系メインの優しさとコクをはらんだ醤油スープ。

チュルッチュルな柔らかい中太縮れ麺@御徒町「中華 大興」
チュルッチュルな柔らかい中太縮れ麺。

老若男女オールオーケー、万人ウケする仕上がりのそれは、単品だと480円でいただけるのだから大したもの。
スープは今回紹介中の醤油以外に塩も選択できるそうですが、半チャンラーメンの場合でも塩ラーメンでいただくこともできるのかな?

作り置きせず、都度都度炒めて作る半チャーハン@御徒町「中華 大興」
作り置きせず、都度都度炒めて作る半チャーハン。

ラーメントッピングのチャーシューが意外と濃い味付けで、それはそれで大変好みだし、その手の濃い成分を口に含んだら「しろめしー」って咆哮したくなるじゃないですか。まあ咆哮しなくても良いがための半チャーハンって感じですかね。

ランチの豚の角煮定食@御徒町「中華 大興」
まあ、別の日のランチで豚の角煮食べちゃって、

ランチの豚の角煮定食@御徒町「中華 大興」
心の中で「しろめしー」って叫んじゃったんですけどね。

かゆいところに手が届く、どれもこれもホイホイ頼んでみたくなるお手頃価格な料理の数々。女性ならではの気配りの行き届いた好感接客、全体的にそつなくおいしい。

都心だから、駅チカだから、老舗だからだとか……他にも受け入れられる要素ってあるんだろうけど、フロアリーダーと思われるママさんはじめ気持ちの良い接客、ズバリ人柄って大事なんだなーって思いましたし、たまたま貸切予約の電話対応をしている瞬間に居合わせましたが、なるほど、こりゃ大人数で訪れてワイワイガヤガヤ盛り上がってみたいって自然と思いましたもんね。

なお、団体客向けに2階席もあるそうですが、そこはトイレがキレイで床暖房とのことなので、そんな仕様を確かめることも今後の課題にしたいと思います。

店舗情報

店名 中華 大興(たいこう)
住所 東京都台東区上野6-2-14(地図
電話番号 03-3831-6249
営業時間 11:00~16:00(L.O.15:30頃)、17:00~23:30(L.O.23:00)
定休日 日曜日
最寄駅 御徒町駅、上野御徒町駅、上野広小路駅、仲御徒町駅、上野駅