読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

己【おれ】

多くの「己」が生きる中で「おれ」であること、そんな中二病のような思いから始めました。

【鳥取砂丘・鯛喜】予約必須!元魚屋店主が手がける海鮮丼がてんこ盛りでラスボスのようなビジュアル

【和食】丼もの 【和食】寿司・魚介類 【レストラン他】定食・食堂 【鳥取】鳥取市・鳥取県東部
  • 【2016/09/02】店舗情報更新

f:id:thyself2005:20140721144115j:plain
「海鮮丼お待ち!」とかってこんなのが出てきたら誰もがビビるでしょうし、

ましてやそれが漁港近くの飲食店とかじゃなく鳥取砂丘すぐそばの小さな食堂発なら尚更驚きなワケでして、鳥取県ネタ第5弾となる今回は、県内産の新鮮な魚介類が10種類も乗っちゃう贅沢な海鮮丼がウリの「鯛喜(たいき)」を紹介いたします。

予約必須、鳥取砂丘すぐの人気海鮮丼専門店

鳥取砂丘リフト乗り場徒歩1分、一見こじんまりとした飲食店

f:id:thyself2005:20140721144106j:plain
鳥取砂丘⇔鳥取駅間を行き来するバス。大体20分くらいの運行。

車の場合は、バス停留所付近に駐車場が2つあるのでそちらに停めましょう。

f:id:thyself2005:20140721144110j:plain
すぐ近くにリフト乗り場と砂丘への入口がどでんと構えておりまして、

f:id:thyself2005:20140721144108j:plain
それに比べると何ともおとなしそうな「鯛喜」の外観。

カウンター2席、テーブル席は2名掛け3卓、3名掛け1卓、店の外にもテーブル席といった感じで、それでも観光地にしては少なめな15名程度のキャパシティ。

f:id:thyself2005:20140721144109j:plain
看板に海鮮丼とあるけれど、知らないと普通に前を通り過ぎちゃいそう。

f:id:thyself2005:20140721144111j:plain
だがしかし、ガラス戸に「予約優先」「終日満席」の貼り紙がペタペタリ。

f:id:thyself2005:20140721144113j:plain
そして当たり前のように置かれる予約札と絶えず訪れるお客さん。

きちんと予約をとられた方々は席に通され、そうじゃない方々は丁重に断られ、ある種選別のような光景でしたが、営業時間まもない10時台で「終日満席」を掲げるあたり本当に人気なんですね水をグビグビ。

f:id:thyself2005:20140721144112j:plain
3種類の日替わり海鮮丼をメインに各種丼ものや刺身が脇を固める布陣。

鳥取砂丘「鯛喜」メニュー一覧

商品名 価格
海鮮丼(※基本的に鳥取産魚介類10種類) 1,200円
海鮮丼ちょっと豪華(カニ、マグロ付き) 1,680円
海鮮丼豪華(カニ、マグロ、イクラ付き) 1,980円
鯛丼 1,360円
イクラ丼 1,680円
サザエ刺身 550円
天然岩牡蠣(中) 550円
天然岩牡蠣(大) 900円
アワビ刺身 1,500円
アワビバター焼き 1,500円
ビール 350円

海鮮丼のネタは、ホタテ、タコ、カツオ、ギンザケ、イサキ、ヒラマサ、イカ、タイ、シメサバ、ヨコワ(マグロの子)、磯っ子(魚卵)となかなかのラインナップでして、今回の鳥取旅行の主目的が「市役所食堂でスラーメン(250円)と鳥取カレー(500円)を食べる」だった分、こういう時こそ贅沢しないとねってことでいってみました海鮮丼豪華!

10種類以上のネタがてんこ盛り!「鯛喜」の海鮮丼豪華1,980円

f:id:thyself2005:20140721144114j:plain
到着した瞬間、沸騰した血が「ぐおお…」って声上げさせたんだ、たぶん。

f:id:thyself2005:20140721144115j:plain
なんということでしょう、エセ関西弁でいうところのけったいな見た目。

f:id:thyself2005:20140721144116j:plain
さらに寄ってみた…っていかんな、これ以上見続けると正気を保てそうにない。

f:id:thyself2005:20140721144117j:plain
まずは心を落ち着けねば。

f:id:thyself2005:20140721144118j:plain
せーの。

f:id:thyself2005:20140721144119j:plain
UFOキャッチャー。

f:id:thyself2005:20140721144120j:plain
…気を取り直してまずてっぺんのカニ!

そしてメニューに記載されていなかったエビが3尾も知らんぷりしてます。

f:id:thyself2005:20140721144121j:plain
横からだとその盛りっぷりのスゴさがお分かりいただけるだろうか?

f:id:thyself2005:20140721144122j:plain
ギンザケなんかもツヤッツヤなワケですよ。

f:id:thyself2005:20140721144123j:plain
豪華版にしか乗らないイクラも贅沢に配置。

f:id:thyself2005:20140721144124j:plain
タイを挟んでいるとはいえサケの魚卵なんだよな。(ちょっと醤油垂らした)

f:id:thyself2005:20140721144125j:plain
宝石のような輝き…っていかんな、また正気を保てそうにない。

f:id:thyself2005:20140721144126j:plain
そぉい!(※UFOキャッチャー)

f:id:thyself2005:20140721144127j:plain
…落ち着いたところでイクラとは別の輝きを放つ魚介類。

f:id:thyself2005:20140721144128j:plain
ごはんの量はそこまで多くはなかったものの、

f:id:thyself2005:20140721144129j:plain
鎮座するネタが盛りだくさんですからね。

刺身定食どころか“刺身盛り合わせ”って商品名で出してもまったく引けを取らないでしょうし、結果的に食べ応え充分ってヤツですね。

f:id:thyself2005:20140721144130j:plain
ネタ日替わりにつき細かい説明は野暮なので割愛しちゃいますが、

いくらすぐそばの鳥取砂丘の向こう側に日本海が広がるからって、

f:id:thyself2005:20140721144131j:plain
いくら店主が元魚屋だからってバクバク…

天然記念物にも指定されている名所が目と鼻の先に控えていたら、いわゆるひとつの観光地価格とボリュームで勝負したってそうそう食いっぱぐれることもなさそうな気もするんですが、

f:id:thyself2005:20140721144133j:plain
きれいなイカしてるだろ。ウソみたいだろ。死んでるんだぜ。

そういった地の利にかまけることなく、元々はまかないだった海鮮丼を看板商品に昇華させるあたり、何というか実直さのようなものが感じられます。

f:id:thyself2005:20140721144132j:plain
きれいといえばマグロもそうだったんですが、

f:id:thyself2005:20140721144135j:plain
ホタテも甲乙つけがたいビューティフルっぷりでした。

f:id:thyself2005:20140721144136j:plain
ご覧のとおり完食でございます!(※汚いのでモザイク処理済み)

鳥取砂丘散策で失った水分をバッチリ補給してくれるかのような瑞々しい海鮮丼でしたが、そんな海鮮丼は1日50食限定のため12時頃に売切れちゃう日もあるようで、確実に食べたい場合は事前予約&早めの来店をおすすめいたします。

店舗情報

店名 鳥取砂丘の海鮮丼 鯛喜
住所 鳥取県鳥取市福部町湯山2164-449(地図
電話番号 0857-26-3157
営業時間 10:00~14:00(※L.O.13:30だが、売切れ次第終了)
定休日 木曜日
最寄駅 鳥取駅