読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

己【おれ】

多くの「己」が生きる中で「おれ」であること、そんな中二病のような思いから始めました。

雑司が谷「中華そば ターキー」で昔ながらの東京醤油ラーメン&餃子と半チャーハン。例えば休日の昼下がりにふらり訪れたくなるお店

ラーメン 【中華】餃子・肉まん 【東京】池袋~高田馬場・早稲田 レトロ

f:id:thyself2005:20140330161651j:plain
訳もなくほっこりした気持ちになれる雑司が谷「ターキー」の醤油ラーメン。

居酒屋などでチビチビ飲む酒もキリリとして美味いけれど、昼下がりに街の中華屋さんとかでグビグビプハーッとするビールもまた捨てがたい美味しさ。
そこに餃子だラーメンだがそえられた日にはパブロフの犬じゃなくてもヨダレがジュルジュルリン……。

今回は、かの夏目漱石や小泉八雲に永井荷風など多くの著名人が眠る雑司が谷霊園近くに店を構えて約40年、1975年(昭和50年)創業の老舗「中華そば ターキー」を紹介いたしやす。

1.2015年で祝40周年、昭和の東京ラーメンを今に伝える佳店「中華そば ターキー」

f:id:thyself2005:20140330161637j:plain
都電荒川線雑司が谷停留所徒歩6分、渡鬼とかに出てきそうな渋めの外観。

f:id:thyself2005:20140330161638j:plain
お店の周りはザ・閑静な住宅街、住みやすそうな雰囲気。

f:id:thyself2005:20140330161639j:plain
定休日は火曜日、臨時休業は留守番電話にて確認可能。

最近オープンしたてのラーメン屋さんだと、営業時間の変更だとか臨休告知はTwitterやFacebookなどを駆使している印象ですが、手段や形はどうあれこの手の老舗がそういったことにもきちんと対応しているあたりにフットワークの軽さとやらが垣間見えますね。

2.いつ行ったって良いんだろうけど、特に休日の昼下がりに訳もなくふらり訪れたくなる空気感

f:id:thyself2005:20140330161640j:plain
週末12時台の訪問でほぼ満席の店内。

一旦ばらけたかと思えばポツポツと途切れることのないお客さん。地元民や近くで働く方々に愛されているんだなーと実感。

新聞を読む、テレビを見る、談笑にふける、どこの飲食店でも当たり前のように繰り広げられる光景も、レトロ感漂う店内だと妙に懐古的な気持ちになるから不思議なもんです。

f:id:thyself2005:20140330161641j:plain
間接照明などない、直接照明だ…なむき出しの蛍光灯。

カウンター6席、テーブルは2名掛け2卓が入り口手前から縦並び、奥に4名掛け1卓の計14席。当然分煙という概念は存在しないものの、この時は喫煙客がおらず快適に過ごせました。

f:id:thyself2005:20140330161642j:plain
数々の雑誌とかに取り上げられる雑司が谷の隠れた名店。

f:id:thyself2005:20140330161644j:plain
※写真は消費税増税前のもの。最新価格はお店でご確認ください。

ラーメン500円に対して塩ラーメンをすっ飛ばして塩バターラーメンが520円のわずか20円違いな点やわかめにカレーにマーボー各ラーメンの存在など、価格設定や豊富なラインナップにいくらかの頼もしさを覚えたり。

f:id:thyself2005:20140330161645j:plain
※写真は消費税増税前のもの。最新価格はお店でご確認くださいパート2。

f:id:thyself2005:20140330161646j:plain
定番調味料類がまとめられた卓上のカスターセット。

手前のラー油とかの持ち手がペトペトしているのはいわゆるひとつのご愛嬌、これもまた味ってヤツですかね。

f:id:thyself2005:20140330161643j:plain
鷹揚な性格のご主人と若手スタッフによる二人三脚の接客。

地元限定で出前にも対応しているそうで、今ではめっきり出前もするラーメン店を見かけなくなっただけに、雑司が谷在住の方が何とも羨ましい限り。

3.注文を受けてから皮で包み焼き上げるジューシーな餃子を瓶ビールでグビグビプハーと洗い流す、そんな至福のひと時

f:id:thyself2005:20140330161647j:plain
もう見るからにぷっくりとしたフォルムの手作り焼餃子をね、

f:id:thyself2005:20140330161650j:plain
どどんと用意したキリンラガービールをグビグビしながらつまむワケですよ。

f:id:thyself2005:20140330161648j:plain
誰に諭されるワケでもなく、酢とラー油入りの醤油小皿にちょちょんとつけて、

f:id:thyself2005:20140330161649j:plain
ガヴッといただくこのたまらなさ、こういうのでいいんだよこういうので。

水(お茶かな?)は入口右手で注ぐセルフサービスなんですが、居合わせたお客さんは皆一様にビールをグビグビ、これぞザ・休日の昼下がり!

胡麻油の鼻腔をくすぐる香ばしさとともにおいでなすった正統派焼餃子。オーソドックスが良い、オーソドックスだからこそ最高と思える生まれたての風味と食感。嫌でもアルコールがグイグイ進んでしまいますがな。

4.近所にあったら週1以上のペースで通い続けたい「中華そば ターキー」の東京醤油ラーメン&半チャーハン

f:id:thyself2005:20140330161651j:plain
いわゆる半チャンラーメンってヤツですね。

f:id:thyself2005:20140330161652j:plain
500円(※2014年3月訪問時)とはちょっと思えないケチらない盛りっぷり。

ご主人に確認したところ、4月以降はこれまでのワンコインから550円になるとのことでしたが、それでも過去25年間値上げしないでやってきたそうでその営業努力はまさに立派の一言。

f:id:thyself2005:20140330161653j:plain
厚めのチャーシュー、メンマ、刻みネギ、ほうれん草の黄金カルテット。

f:id:thyself2005:20140330161654j:plain
丼自体は若干小ぶりながらも並々と注がれたあっさり醤油スープ。

鶏ガラ主体の王道中華スープ、脈々と受け継がれてきた東京レトロテイスト。
最初の内はレンゲでズビビビしておりましたが、途中から独り勝手に高ぶってきちゃって最終的にはレンゲを使わず丼に直接口をつけていただいちゃいました。何かこう、そっちの方がダイレクトに味わえる気がするんですよね。

f:id:thyself2005:20140330161655j:plain
気持ちウェービーかつ柔らかめの中太麺をズルズルと。

スープに何度か浸してあらよっと持ち上げれば醤油っ気と確かな旨みもグイグイ引っ張り上げてくれます。
丼から立ち込める湯気をつんざくようにスルスルと、口を介して食道、そして胃袋へと収められて行くその様はきっと神龍を彷彿とさせる雄々しさ、ズビビンズビビンいつまでも啜り続けたい麺とスープの組み合わせ。願い事の1つでも唱えながらいただきつつ、

f:id:thyself2005:20140330161656j:plain
途中でしっかり半チャーハンもパクパクと。

鉄鍋でガンガン炒め合わせる時点でラードと醤油ダレによる香ばしいカホリが店内に充満し、やがておれの体内にだって充満する。たまらんね。

f:id:thyself2005:20140330161657j:plain
具は卵、ネギ、チャーシュー。シンプル・イズ・ナントカだから、

自然と呼吸するように、ラーメン⇔チャーハン、たまに餃子、誰に決められたワケでもない即興ローテーションでガツガツガッツン完食しちゃいました。

チャーシューが濃いめのしっかりとした味付けだから豪快に煽る工程が加えられたチャーハンで個人的に大正解。メニューに半チャーハンと記載されているあたり麺類とセットでの需要も高いんでしょうねぇ。

5.「ごゆっくりどうぞ」と言われなくてもついついゆっくりしたくなるお店

f:id:thyself2005:20140330161659j:plain
食後の散歩がてら立ち寄った池袋は人人人。リア充は爆発しろ。

これまで有名ラーメン店に足を運ぶと、待合客を気にして目的の品だけ頼んで食い終わったらそそくさと退店するパターンが多かっただけに、最近は1杯の丼を満喫する前に酒だツマミだをたしなみつつボーッと過ごす時間がすっごく新鮮に思えて好きなんですよね。

今後も意識的に東京の粋な老舗を巡り続けますが、「中華そば ターキー」の場合は意欲的に、それでも休日の昼下がりにふらり訪れる、そんな肩の力が抜けたスタンスも忘れずに足を運びたいと思います。

6.店舗情報

店名 中華そば ターキー
住所 東京都豊島区雑司が谷1-24-2(地図
電話番号 03-3981-7648
営業時間(月~金) 11:30過ぎ~15:00、17:00~20:30
営業時間(土日祝) 11:30過ぎ~20:30
定休日 火曜日(臨時休業の場合あり)
最寄駅 雑司が谷駅、東池袋駅
備考 臨時休業は留守番電話で確認可能