読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

己【おれ】

多くの「己」が生きる中で「おれ」であること、そんな中二病のような思いから始めました。

【銀座・共楽】半世紀以上愛される老舗ラーメン店の昔懐かしい中華そば

ラーメン 【東京】銀座・新橋・有楽町 レトロ

【2016/09/09追記】建替のため2017年11月頃まで休業

店舗改修工事のため、2016年3月16日(水)の営業を最後にしばらく休業。同地にて再開予定。以下、2014年3月13日公開分の内容です。

f:id:thyself2005:20140308221623j:plain
メンマのことを竹の子と呼ぶ、そんな銀座の老舗「共楽」の竹の子そば。

“新進気鋭の鼻息荒め・ウマイだろ、俺のラーメンウマイだろ”的な1杯に舌鼓は打ちつつも、ふとノスタルジックな気持ちと共にふらり足を運んでしまうのが、日本屈指のおしゃれタウン・銀座に店を構えて今年で58年になる老舗・1956年創業の「中華そば 共楽」でございやす。

銀座駅徒歩3分、ウインズ銀座となりの老舗ラーメン店「中華そば 共楽」

f:id:thyself2005:20140308221614j:plain
最寄駅は銀座駅、だけど東銀座駅や銀座一丁目駅からも歩けます。

f:id:thyself2005:20140308221615j:plain
ウインズ銀座の真横だから(馬の)パコパコタイムは混雑するんでしょうね。

f:id:thyself2005:20140308221616j:plain
一見カウンター席のみに思えますが、別室?に4名掛けテーブル2卓あります。

f:id:thyself2005:20140308221618j:plain
タンブラーだグラスだシャレた感じじゃなくついコップと呼びたくなる形状。

マイ・フェイバリット・塩ラーメンでおれの中ではおなじみ「西荻窪・はつね」もそうなんだけど、飲み切ったりおかわりするのにちょうどいい分量の水に妙な懐かしさを覚えてしまいます。

f:id:thyself2005:20140308221617j:plain
思わずニヤニヤ気持ちの悪い笑顔で見つめちゃうレトロチックな調味料類。

何から何まで昔風…と言いたいのは山々なんですが、入口右手に設置されている券売機で食券を買うのではなく、店内で注文し従業員にお金を渡して食券を買ってもらう一風変わった方式を採用。
たぶん会計管理だとかが関係しているんでしょうが、郷に入っては郷に従え、以下にメニューをまとめておきますので参考になさってください。

銀座「中華そば 共楽」メニュー一覧

麺類など

商品名 価格
中華そば 700円
中華そば・大盛 750円
わんたん 700円
竹の子そば 800円
竹の子そば・大盛 850円
わんたんめん 850円
わんたんめん・大盛 900円
チャーシューメン 950円
チャーシューメン・大盛 1,000円
チャーシューワンタン 950円
チャーシューワンタンメン 1,050円
チャーシューワンタンメン・大盛 1,100円
冷し中華 850円
冷しチャーシューメン 1,050円

単品

商品名 価格
大盛り 50円
特盛り 100円
竹の子 100円
生たまご 50円
ビール 500円
お酒 350円
チャーシューのおつまみ 300円

商品名はお店に掲載されていたものをそのまま書き連ねておりますが、わんたんめんにチャーシューをつけるとワンタンメン、単品だと大盛が大盛りだとかの表記のブレが何とも味わい深いですね。

時代に流されず受け継がれてきた1杯=古き良き銀座を象徴する味わい!「中華そば 共楽」の竹の子そば

f:id:thyself2005:20140308221619j:plain
蛍光灯の光を通し切らないスープは見るからに濃い目と分かります。

麺の固さ・味の濃さ・脂の量は柔軟に調整してくれる=その人に合った1杯を作ってくれるそうで、何も言わなかったおれの場合は“いかにも濃いのが好きそう”と判断されたがゆえのこちらなんでしょう。

確かに「常人ではまず完食不可能とされる悪魔ラーメン」も食べ切れちゃいますが、実際のところは“澄んだあっさりスープ大好き人間・正衛門”とさり気なくアピールしておきますのでヨロシクお願いいたします。

f:id:thyself2005:20140308221620j:plain
具はチャーシュー、竹の子(メンマ)、刻みネギとシンプル・イズ・なんとか。

f:id:thyself2005:20140308221624j:plain
特筆すべきはこちらの、4日間かけてじっくり仕込む竹の子。

コリコリ食感からの醤油、続いて芯からじんわり甘みが込み上げてくるようで、確か前に来た時にも竹の子そばを食べたと記憶しています。

f:id:thyself2005:20140308221622j:plain
豚骨、鶏ガラ、煮干しあたりがしっかり感じられる和風醤油味のスープ。

f:id:thyself2005:20140308221623j:plain
若干ウェーブがかった中細麺はチュルルンチュルルン啜れます。

f:id:thyself2005:20140308221621j:plain
スープ飲む・麺を啜る度に程よい甘みとコクを運んでくれます。

きっとダシをとった後の豚肉で仕込んだであろうチャーシュー、麺よりもスープがしっかり多いとことか、昔ながらの東京醤油ラーメンの1つの形として、今後もふとしたタイミングで訪ねてみたいですね。

次回はワンタンといくらかのまろやかさ、きっと月見そばのようなビジュアルを求めて「わんたんめん+生たまご」なんてのをオーダーしてみようかな。

f:id:thyself2005:20141214232704j:plain
【2014年12月14日追記】たまご入り食った。とてもいい!

店舗情報

店名 中華そば 共楽
住所 東京都中央区銀座2-10-12(地図
電話番号 03-3541-7686
営業時間(月~木) 11:00~20:00
営業時間(金曜日) 11:00~20:30
営業時間(土曜日) 11:00~17:00
定休日 日曜日、祝日
最寄駅 銀座駅、東銀座駅、銀座一丁目駅