読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

己【おれ】

多くの「己」が生きる中で「おれ」であること、そんな中二病のような思いから始めました。

総重量1kgのナポリタン!虎ノ門のパスタ専門店「ロメスパバルボア」のメガ盛りナポリタンを完食してみた

【洋食】パスタ・ピザ 【東京】赤坂・永田町・溜池 無駄に努力

f:id:thyself2005:20140106081044j:plain
食べても食べても簡単には減らない「ロメスパバルボア」の1kgナポリタン。

先週紹介した「新橋駅徒歩1分の老舗洋食店・むさしや」のナポリタンは並盛り600g、大盛り約800gとボリューム満点!

…なんだけど、虎ノ門「ロメスパバルボア」のメガ盛りナポリタンはそれらを優に上回る総重量1,000gと、グラムの世界をビヨンドしてキログラムの大台に突入しちゃった何とも危険なブツだそうで、怖いもの見たさはありつつも、ネタ臭がぷんぷんたまらなかったのでいっちょ挑戦してきました。

東京メトロ銀座線虎ノ門駅徒歩3分、2011年5月オープンの「ロメスパバルボア」

f:id:thyself2005:20140106081036j:plain
カジュアルな雰囲気の洋食屋といった外観。

「カプリチョーザ」や「ハードロックカフェ」などを手がける株式会社WDIのパスタ専門店で、現在は虎ノ門と日本橋に計2店舗あるそうです。

以前当ブログでお届けした「ワンコインパスタが人気の霞が関・ミスターハングリー」もいわゆる企業系でしたし、今回のバルボアやミスターハングリー以外にも虎ノ門・新橋・霞が関界隈は通称・ナポリタン激戦区と呼ばれるだけあって色々なナポリタンを食べ歩くことができます。

f:id:thyself2005:20140106081037j:plain
基本メニューは6種類で、各メニュー4段階のサイズに対応。

ちなみにロメスパって言葉なんですが、かつて立ち食いそば屋などが「路傍の麺屋、略して路麺」と呼ばれていたことから、それのスパゲッティ版ということで「ロメスパ」って言葉が生まれたとのこと。
つまり、気軽に食べられるスパゲッティ屋ってことで、それなら気軽に1kgパスタも食べられるんじゃないかと、何とも軽い気持ちで入店しちゃいました。

券売機購入制、厨房と壁に面する2列カウンター20席の店内

f:id:thyself2005:20140106081039j:plain
明らかにデカ過ぎな粉チーズと唐辛子の容器。思わず2度見。

そして先客がしっかり使ったんでしょう、粉チーズ容器の先端部分が詰まって出づらくなっていることについ3度見。
並盛りでも350gあるから調味料入れもこのくらいどでかいサイズじゃないとやってけないのもしれません。

f:id:thyself2005:20140106081040j:plain
追加トッピングとドリンクメニュー。

烏龍茶とコーラが100円って飲食店では珍しいし嬉しいですね。

f:id:thyself2005:20140106081038j:plain
混雑時の着席、テイクアウトを待つ際に座るベンチ。

f:id:thyself2005:20140106081041j:plain
終始フライパンで炒め続けているスタッフ。

そんなに炒めて手を痛めないか心配になりました。

むしろ心配されるのはこちら側?総重量1kgの巨大ナポリタン

f:id:thyself2005:20140106081042j:plain
って、大したことないって思ったでしょ?

f:id:thyself2005:20140106081043j:plain
【比較】左:メガ盛り1,000g、右:大盛り500g。

遠近法だとかの高尚な手法を無視したお皿のサイズは、貝で言うところのハマグリとシジミぐらいの違いはあろうデカ皿。
残念ながら「孤独のグルメ」の主人公みたいにメジャーを持ち歩いていなかったため正確ではありませんが、直径30cm以上はあったように思います。

f:id:thyself2005:20140106081044j:plain
横から撮影。この量、お分かりいただけるだろうか?

撮影している間、ホクホクと麺から立ち上がる湯気、立ち込めるナポリタン特有のトマトな酸味と甘味が入り混じったあのカホリ。
超絶ボリュームを前にしてもこれはこれでいやがうえにも食欲が湧いてきますよねってことで、

f:id:thyself2005:20140106081045j:plain
いざ、実食!

ほんのちょっとフォークを入れただけなのにこれでもかと麺が絡みついてきますトラップか。物凄いボリューム、物凄い太麺だというのに1本1本がしっかり濃いめの味つけ、小松菜の清涼感がすこぶる嬉しい仕上がり。

f:id:thyself2005:20140106081046j:plain
フォークがケーキ用の小さいのに見える、そんな錯覚。

アフロの人ってよく髪の毛に虫やらゴミが絡まるって聞きますが、たぶんそれに負けないくらいにフォークに絡みつく極太麺。

ナポリタン好きにはたまらないんでしょうが、日頃ほとんど口にしない、何かの料理の付け合わせぐらいでしか食べない身からすると、いつまで経っても付け合わせが終わらない気になってきて、ああ、早いとこメインディッシュが食いたいなって衝動に幾度となく駆られました。(自業自得)

f:id:thyself2005:20140106081047j:plain
思いっきり粉チーズを振りかけたハズなのにこんなん。

そしてこれ書いている今になって思うのは、濃い味つけを紛らわすのに粉チーズってそもそも何の解決にもなってないよねってことなんですが、当時のおれからすると、とにかく味を変えたい一心でいっぱいいっぱいだったんですよね。

f:id:thyself2005:20140106081048j:plain
ぐるぐるぎゅいいん!高速に拘束する様はある意味フィギュア顔負けの回転力。

まあ麺類自体が基本的に大好物だし、食べ進めて行く内に何だか気分がどんどんハイになってきて、当初はいつまで経っても減らない終わらない、おれにとってネバーエンディングナポリタンだなんてアホなこと考えたりしつつもこなしまくりまくりすてぃで、

f:id:thyself2005:20140106081049j:plain
きちんと完食してやりましたよ!

食後、もうナポリタンは当分いらないって痛感しましたが、ある程度時間が経つと、まあ並盛りや大盛りだったらアリだよなって思い直すあたり、もしかしたら魅惑のナポリタンワールドに片足を突っ込んでしまったのかもしれません。

テイクアウトだと事前に電話すれば待たずにお持ち帰りもできるそうなので、手っ取り早くパスタが食べたい場合に重宝しそうですね。

朝晩通し営業なのも嬉しいですし、次回は塩バジリコや牛すじこんにゃく煮込みが乗ったぼっかけなるメニューを試してみようかな。もちろんメガ盛り以外で。

店舗情報

店名 ロメスパバルボア 虎ノ門店
住所 東京都港区 虎ノ門1-16-2 岩尾ビル1F(地図
電話番号 03-5510-6821
営業時間 11:00~22:00
定休日 土曜・日曜・祝日
最寄駅 虎ノ門駅
リンク ロメスパバルボア(RomeSpaBalboa)|WDI GROUP OFFICIAL SITE -WORLD DINING INSPIRATIONS-