読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

己【おれ】

多くの「己」が生きる中で「おれ」であること、そんな中二病のような思いから始めました。

【総重量1kg】新橋駅徒歩1分の人気店「豚大学」の名物・特大豚丼を完食してみた

【和食】丼もの 【東京】銀座・新橋・有楽町 無駄に努力

この記事について

  • 2016/11/29:テキストなど更新
  • 2013/12/30:初公開

f:id:thyself2005:20131229203326j:plain
見事なまでに咲き誇った肉の華。新橋の豚丼専門店「豚大学」名物・総重量1kgの特大豚丼。(手前は小サイズ)

最近だとハメを外してTwitter炎上する若者らが意外と多かったりしますが、何もハメを外すのは学生だけじゃないぞと言うことで、新橋界隈で働くサラリーマンに絶大な人気を博している「豚大学」で1番でかいサイズの豚丼をかっ喰らい、ハメじゃなくシャツのボタンをそっと外して参りました。

舞台はJR新橋駅烏森口徒歩1分のニュー新橋ビル

f:id:thyself2005:20131229203315j:plain
新橋の顔としておなじみ、1971年竣工のニュー新橋ビル。

以前当ブログでお届けした「オヤジだらけの老舗洋食店・むさしや」もこのビル1Fで絶賛営業中。

f:id:thyself2005:20131229203316j:plain
そして同じく1Fに店を構える「豚大学」。

基本メニューは小、中、大、特大から選ぶ豚丼で、あとは味噌汁や卵に漬け物などといった単品メニュー、時間帯限定で缶ビール、なつかしのあんず棒アイスなどがございます。(写真の価格から微妙に値上げしていますので詳細は店舗にてご確認ください)

f:id:thyself2005:20131229203317j:plain
肉々しさを全面に押し出しているから男性客が中心。

f:id:thyself2005:20131229203318j:plain
食べ終わって店を後にする方の表情が苦しそう。

ラーメン二郎」をはじめとするデカ盛り店ならではの光景につい笑みを浮かべながらも、「あっ、おれ、まずいところに入学願書出そうとしてない?」って一瞬我に返りつつ、半沢直樹最終回の大和田常務ばりに自分で自分の足を押しつけての入店だったような気がします。

L字型カウンター12席、いわゆる丼専門店な雰囲気の店内

f:id:thyself2005:20131229203319j:plain
f:id:thyself2005:20131229203320j:plain
お店はビルの外側もしくは中からの出入りが可能。

f:id:thyself2005:20131229203321j:plain
卓上調味料は胡椒と七味唐辛子の2つ。潔いことこの上なし。

f:id:thyself2005:20131229203322j:plain
注文を受けて焼き上げるから待ち時間は約10分ほど。

f:id:thyself2005:20131229203323j:plain

豚大学 五か条

  • 第一条:かき込むべし
  • 第二条:残すべからず
  • 第三条:トッピングを楽しむべし
  • 第四条:元気になって帰るべし
  • 第五条:また、来るべし

お茶漬けのススメ

  1. まず、半分豚丼を楽しむ
  2. 半分になったところでだし汁を入れて楽しむ
  3. 薬味を入れて最後まで楽しむ

…ふむふむなるほどね、豚大学の言いたいことはよーく分かった!
しっかり卒業(完食)してやるからかかってきやがれ!!…ということで、

20枚以上の焼きたてアツアツ甘辛豚焼き肉!「豚大学」名物・総重量1kgの特大豚丼

f:id:thyself2005:20131229203324j:plain
きっと他店の3杯分くらいのボリューム。

f:id:thyself2005:20131229203325j:plain
見事に華。きっと豚バラと薔薇をかけているに違いない。

f:id:thyself2005:20131229203326j:plain
小サイズと比較。

店的にはちょっと少なめの小サイズらしいけど、甘辛こってりな仕上がりだから並の胃袋なら小で充分なんじゃないかと思うんだ先生は。

f:id:thyself2005:20131229203327j:plain
もしこれが鰻の蒲焼きなら1,000円では決して食べられまい。

f:id:thyself2005:20131229203328j:plain
まっ、余計なことは考えすぎず、豚大学五か条に従いいただきます。

f:id:thyself2005:20131229203329j:plain
焼き鳥ダレのような甘辛さ、ニンニクの風味に香ばしい焦げ目が食欲を促すおいしさ…

って書くと聞こえはいいですが、実際は多すぎる量に四苦八苦しつつ食べ進め、

f:id:thyself2005:20131229203330j:plain
ガンガンに調味料を振っては食べ振っては食べての繰り返し。

そして半分食べ進めた時点の感想は、「あかん、留年しそう」と弱気そのもの。
過去ホントに留年しかけたことがあるため、おれと同じような経験をお持ちの方が特大にチャレンジするのってちょっとしたトラウマの再来なんじゃないかと思うんですよねぇ。。(遠い目)

トラウマを乗り越えるために味変目的でお茶漬けセットを投入

f:id:thyself2005:20131229203331j:plain
したはいいものの、完食対象が増えただけで、

自分で自分の首をしめるってこういうことを言うんだと痛感。

f:id:thyself2005:20131229203332j:plain
だし汁ドバドバ。

f:id:thyself2005:20131229203333j:plain
適当に薬味を添えつつ豚肉茶漬けの完成です。

f:id:thyself2005:20131229203334j:plain
ワサビ効果で比較的サッパリ召し上がれますが、

豚焼き肉のインパクトはかなりのもので、だし汁をしっかり甘辛く染め上げちゃうのだから、お茶漬けで〆る前提なら中サイズ前後の分量にしておいた方が何かと安全でしょう。

f:id:thyself2005:20131229203335j:plain
何とか完食してやりました!

自らの首をしめるのはやめよう、おいしいを通り越して気持ち悪いと感じる手前で済む量を注文しよう……そんな小学生でも分かりそうなことを体験学習できただけでも学費(食費)を払った価値はあったんですかね。

今度豚大学に入学しようと思っている方、読んで興味を覚えられた方、皆さんにとってこの記事が有益な通信教育となってくれることを切に願う次第です。

店舗情報

店名 新橋 豚大学
住所 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル1F(地図
電話番号 03-5512-3121
営業時間(月~金) 10:30~21:45(L.O)
営業時間(土日祝) 11:00~15:00、16:30~20:15(L.O)
定休日 奇数月の第2日曜日
最寄駅 新橋駅、内幸町駅