読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

己【おれ】

多くの「己」が生きる中で「おれ」であること、そんな中二病のような思いから始めました。

1人酒orサシ飲みにもピッタリ!「らーめん天神下大喜」でいただく居酒屋メニューいろいろ@東京・湯島

ラーメン 【中華】餃子・肉まん 居酒屋 【東京】上野・浅草・日暮里
  • 【2016/09/10】店舗情報更新

f:id:thyself2005:20131213214428j:plain
飲んだ後無性に恋しくなるラーメン、たまらないですよねぇ。

忘年会シーズンも真っ只中、どのお店もワイワイガヤガヤ大賑わいではありますが、誰それみそれが騒ぎたいワケじゃない、腰を据えて今年1年を振り返ったり静かに語り合いたい時も多分にあるかと思います。

せっかく個室席を予約したのに近くで団体客が騒いでうるさくてたまらないってケースも往々にあり得るでしょうし、〆のラーメンを求めて外を徘徊するには寒すぎるし、見つけたら見つけたで同じような考えで集まった酔客達でごった返していて落胆することだってあることでしょう。

…ということで、1人酒orサシ飲みするならラーメン屋がおすすめと言ってはばからないってほどじゃないけれど、まあ普通におすすめしますよレベルなワタクシ正衛門が今回紹介するのは「ラーメン大賞」でもおなじみ、かつてラーメン日本一にも輝いた東京・湯島の「らーめん天神下大喜」でございやす。

行列のできるお店だからこそ、あえてこの時期がおすすめ

f:id:thyself2005:20131213214415j:plain
和食歴20年なご主人のお店だからか、和を感じさせる外観。

行列のできるラーメン屋の1軒としても有名ではありますが、この時期だと居酒屋に多くのお客さんをとられていることもあり、ディナータイムは比較的のんびり過ごせるんじゃないかと思います。
湯島駅1番出口からだと徒歩2分とアクセス良好なのもありがたいっす。

f:id:thyself2005:20131213214416j:plain
日頃から様々な限定メニューの開発や既存メニューのチューンナップを実施。

自家製麺、それも1種類ではなくメニューに応じて太さや縮れ具合の異なる麺を使い分けるこだわりっぷり。
加えて日本蕎麦特有の香りや風味、喉越しに負けない麺作りをと、実に高いハードルを掲げているだけに、食べる側もどれにしようか決め切れないなんてこともあるんじゃないでしょうか。

テーブル2つ、カウンターによる計15席の店内

f:id:thyself2005:20131213214417j:plain
それぞれの入れ物もどこか居酒屋っぽいカスターセット。

照明も薄暗く、「将来は居酒屋風にしたい」とかつて何かの雑誌で語っていた店主の考えが見事に実現したということですね。

f:id:thyself2005:20131213214418j:plain
基本は店外の券売機で事前に買うスタイルだけど、後から注文も当然可能。

豊富な麺類。つけそばともりそば、一見同じに思えるメニューについても細麺か太麺か、濃口醤油味か醤油味か、きちんと違いを設けていることが分かります。

f:id:thyself2005:20131213214419j:plain
裏面はお酒やつまみ類。ラーメン屋で飲むワイン…興味深い。

訪問時、いくつかのおつまみメニューが販売中止で残念でしたが、今なら再開しているかもだし、アルコール類はお通しサービスなのもステキ。
また、キャッシュオン形式だから頼みすぎて後々お金が足りないなんて事態に陥ることもないから安心して飲み食いできます。

啜る前に食う!らーめん天神下大喜の居酒屋メニュー

f:id:thyself2005:20131213214420j:plain
ねぎちゃーしゅう500円。

f:id:thyself2005:20131213214421j:plain
青ねぎと白髪ねぎ、当たり前だけど切り方も変われば食感も変わる。

チャーシューの下にはもやしが敷かれてて、からしでツーンとなった鼻と口の中を中和する作用があるんじゃないかと思うんだ、知らんけど。

f:id:thyself2005:20131213214422j:plain
鶏だし玉子焼き400円。

出汁巻き玉子は定番だけど、鶏出汁ってのがまたね。
出汁と玉子で鶏がダブってしまったなどと、某孤独のグルメの主人公の迷言名言もすんなり口走れますね。

f:id:thyself2005:20131213214423j:plain
ちゃーしゅうからし和え300円。

確か唐揚げだかとり梅和えだかを頼もうとしたらそれも販売中止で何となく頼んだのがこちらだった気がします。
考えてみればこれもねぎちゃーしゅうとからし和えでブタがダブ(ry

f:id:thyself2005:20131213214424j:plain
ちょっとした三種の神器っぽい。

f:id:thyself2005:20131213214425j:plain
もちろん餃子も忘れちゃいけない名脇役。400円。

f:id:thyself2005:20131213214426j:plain
見るからにパリッパリで香ばしい歯応え。

添えられるレモンと大根おろしが、いかにもな餃子とちゃうよ、これが大喜スタイルだよとさり気なく主張しているかのようでナイス。

f:id:thyself2005:20131213214427j:plain
ごはん(並200円・小100円)にはデフォルトでチャーシューの佃煮付き。

月~金のランチタイムだと小ごはんが50円なのも嬉しいサービスだし、基本的にラーメン屋だから飲めなくたって臆する必要もないし、酒のつまみをおかずにごはんをかっ喰らたっていいでしょう。

〆はもちろん、ラーメンなどの麺類でズビドゥバシュビドゥバ

f:id:thyself2005:20131213214428j:plain
1999年創業時からのメニュー、醤油らーめん680円。

f:id:thyself2005:20131213214429j:plain
底に向かうにつれてどんどん細くなる切立丼。

ついついろくろみたいにクルクル回したくな、うーん美味しそうだ。

f:id:thyself2005:20131213214430j:plain
飲んだ後にじんわり胃に染み渡る鶏ガラベースの和風スープを、

f:id:thyself2005:20131213214431j:plain
細麺が絡んでぐいぐい引っ張り上げます。

あっさりスープに細麺、いわゆる王道の組み合わせなんだけど、具材にカイワレを使ったり、細いんだけどコリコリした手作りメンマとか、きっと細かいレベルでこだわっているんだろうなーと感じさせる仕上がり。

ただ、メニューで濃口と謳っているだけに、人によってはしょっぱいと感じるかもしれないので、その場合は名物の鶏そば(塩味)、梅塩ラーメンに中華そば(濃口醤油味、薄口醤油味、塩味から選択)、季節限定の味噌ラーメン、

f:id:thyself2005:20131213214432j:plain
あえてつけ麺を啜ってみるのも面白いかもしれません。

…といった感じで、飲みにもピッタリって言っている割には酒の写真が一切出てこなかったのはグビグビ飲み進めちゃったからということで、行く前から絶対に混んでいるって分かり切ったお店で飲むよりも、普段混んでいるラーメン屋に目を向けてみるのもアリなんじゃないでしょうか。

f:id:thyself2005:20131213214435j:plain
もう終了しちゃったけど、限定メニューのかけみそ。

訪れる度に何かしらの発見や出会いがあるのも大喜に行って良かったと感じる所以です。

店舗情報

店名 らーめん天神下大喜
住所 東京都文京区湯島3-47-2 白木ビル1F(地図
電話番号 03-3834-0348
営業時間(月~金) 11:00~15:00(L.O.14:30)、17:30~22:00(L.O.21:30)
営業時間(土曜日) 11:00~15:30(L.O.15:00)、17:30~21:00(L.O.20:30)
営業時間(祝祭日) 11:00~16:30(L.O.16:00)
定休日 日曜日
最寄駅 湯島駅
リンク らーめん天神下大喜