読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

己【おれ】

多くの「己」が生きる中で「おれ」であること、そんな中二病のような思いから始めました。東京・B級グルメ・漫画に関する記事中心ですが、基本的にノンジャンル。自由気まま風の吹くままお届けします。

谷中で80年以上人気の老舗甘味処「愛玉子」のひんやり台湾スイーツ ~池波正太郎や「こち亀」の両さんが愛した味を昔ながらの空間でいただく幸せ~

【菓子】菓子全般 【菓子】甘味処 カフェ・喫茶店 【東京】谷根千(谷中・根津・千駄木) レトロ

この記事について

  • 2016/04/09:テキストなど更新
  • 2013/11/20:初公開

f:id:thyself2005:20131120021100j:plain
見るからにプルンプルン。台湾でポピュラーなデザート・愛玉子(オーギョーチィ)。

そんなオーギョーチィをなんと80年以上に渡って提供しているのが1934年(昭和9年)創業の老舗甘味処「愛玉子(オーギョーチィ)」。池波正太郎などの文豪が愛したお店としても名高いそうですが、おれ的には「こち亀」の両さんが作中でしれーっと立ち寄ったお店って印象の方が遥かに強いのでした。

鶯谷・日暮里・根津各駅徒歩10分くらい。散歩がてらふらり立ち寄りたくなる老舗の甘味処「愛玉子(オーギョーチィ)」

f:id:thyself2005:20131120021050j:plain:w500
2013年時点の外観。2016年4月現在も目立った変化はなし。

f:id:thyself2005:20131120021113j:plain:w500
そしてこちらが「こち亀」64巻にしれーっと掲載されている「愛玉子」の様子。

64巻の刊行が1990年と実に30年近くも前ではありますが、同巻4話目冒頭のコマを見る限り、半世紀以上経ってもほとんど外観に変化がないですし、何より「こち亀」の描写力の高さに驚いた次第。

f:id:thyself2005:20131120021051j:plain
f:id:thyself2005:20131120021052j:plain
明らかに年季入りまくり。

f:id:thyself2005:20131120021053j:plain
これが愛玉子の原料、台湾北部の山間部に自生する植物の果実。

この果実の種子を寒天状に加工した物が愛玉子で、整腸作用や利尿作用、さらには血中コレステロールを下げるなどの効果があり、腎臓の妙薬と言われているそう。まさに医食同源、それなら試してみようじゃないかと入店してみます。

お店に入ると言うよりは、田舎のおばあちゃん家に遊びに行った時を思い出す、何とも居心地良さげな店内

f:id:thyself2005:20131120021054j:plain
4名掛けテーブルを中心とした計22席がお出迎え。

これまた昭和レトロ全開な内装に妙なゾクゾク感を覚えずにはいられませんが、革張りの椅子に至っては創業当時の物が今も現役で使用されているらしく、この時ばかりはモノより思い出じゃなく「思い出よりモノ」なんじゃないかと2/3の純情じゃない感情がおれのマインドに割と真剣に訴えかけてきたのよね。

f:id:thyself2005:20131120021059j:plain
随所にメニューが貼り出されております。

f:id:thyself2005:20131120021058j:plain
チーブランデーにチークリームコーヒー、そういうのもあるのか。

注:2016年4月時点で全体的に200円ほど値上げ。「愛玉子」の主なメニュー一覧

商品名 価格
オーギョーチィ 600円
チークリーム 700円
チーアンミツ 700円
チークリームアンミツ 800円
チーワイン 700円
チーウイスキー 700円
チークリームワイン 800円
氷オーギョーチィ 700円
コーヒー 600円
紅茶 600円
クリームソーダ 800円

注文したらすぐに出てきたプルンプルンな見た目のひんやりスイーツ・オーギョーチィ

f:id:thyself2005:20131120021100j:plain
かけられているのは自家製のレモンシロップ。

f:id:thyself2005:20131120021101j:plain
大きめカットで食べ応えもなかなか。きっぷの良さが感じられます。

f:id:thyself2005:20131120021102j:plain
シロップをできる限り切ってオーギョーチィ単体で食べてみると、寒天とは風味も食感も微妙に異なるけれどそこまでしつこくない後味。

ただ、レモンシロップを絡めないと若干薬っぽい感じもするしむちゃくちゃ甘くもない。その昔台湾の原住民がオーギョーチィを主食として受け入れていたという歴史にはただただ納得です。

f:id:thyself2005:20131120021103j:plain
かき氷のあのレモンシロップをご想像ください。

これまた懐かしいですよ、ええ、本当に懐かしい。そんでもって縁日の屋台でかっ喰らうあのレモン味のかき氷にはない、この昔ながらの空間でいただくからこそのおいしさってヤツなんだろうなぁ。

f:id:thyself2005:20131120021104j:plain
甘過ぎると感じちゃう場合は追いレモンシロップ!

f:id:thyself2005:20131120021105j:plain
試しにスプーンに垂らして舐めてみたらまさにあの酸っぱいレモンシロップそのもの。

オーギョーチィに混ぜると程よく酸味も増して喉越しも舌触りもより良い感じになりました。いいねボタンがあったらいいねしたい。

f:id:thyself2005:20131120021106j:plain
かき氷の場合もそうですが、最後に残ったこのシロップを飲み干すのがたまらないんだよなー。

オーギョーチィ+あんみつ+アイスクリーム=人気メニューのチークリームアンミツ

f:id:thyself2005:20131120021107j:plain
豆や果実はないけれど、見た目はほぼクリームあんみつ。

f:id:thyself2005:20131120021108j:plain
たっぷりの黒蜜にアンコとアイスクリーム。

f:id:thyself2005:20131120021109j:plain
単体でそれぞれ食ってみたり、

f:id:thyself2005:20131120021111j:plain
ご覧のようにぬわっと絡めて召し上がってみたり、

f:id:thyself2005:20131120021110j:plain
小豆テイストの砂糖のような塩のような謎の調味料をかけてみましたが、こちらは複雑な甘さ、いや、スゴい甘さと言っても良いレベル。

甘党な方やお子様はもれなくチークリームアンミツを選択しておけば間違いないかと思いますが、そこまで甘味が得意じゃない方や黒蜜よりも壇蜜が好きな方とかはシンプルに普通のオーギョーチィ、それかアイスクリームの乗ったチークリームにするのがおすすめです。

f:id:thyself2005:20131120051301j:plain
まったりと。

電車だとどの駅からも地味に歩きますが、お店で食べるも良し、両さんのようにお土産で買って帰るも良し、東京甘味処のレパートリーの1つに加えてみると何かと重宝するかもしれません。

f:id:thyself2005:20131120021112j:plain
あえて変なアングルから。上野の西郷どん。

店舗情報

店名 愛玉子(オーギョーチィ)
住所 東京都台東区上野桜木2-11-8(地図
電話番号 03-3821-5375
営業時間 10:00~18:00(売切れ次第終了だが、18:00以降も営業の場合あり)
定休日 無休(臨時休業の場合あり)
最寄駅 根津駅、鶯谷駅、日暮里駅、上野駅
備考 営業時間&定休日は目安のため、訪問前に電話確認することをおすすめいたします。