読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

己【おれ】

多くの「己」が生きる中で「おれ」であること、そんな中二病のような思いから始めました。

銀座最安値の1杯300円!「三吉」の醤油ラーメン&男性も頼める1番人気のレディースセット

ラーメン 【東京】銀座・新橋・有楽町 レトロ

f:id:thyself2005:20130730124223j:plain
1杯300円!銀座最安値な「らーめん三吉」の自家製醤油ラーメン。

東京都内、いや日本全国見渡してもラーメン1杯300円は安い、相当安い。
それもチェーン店ではなく個人店、スープはおろか麺や具材まで手作りにこだわり、それでいて日本有数の高級繁華街・銀座で長年に渡り腕を振るってきたとなると、それはもはや脱帽の域に達していると言えます。

そんなたゆまぬ姿勢に敬意を表して、今回は銀座の「らーめん三吉」をご紹介。

【関連記事】東京で1杯500円以下のラーメン店レビュー一覧


場所は銀座ナイン2号館の地下1階

f:id:thyself2005:20130730150555j:plain
東京高速道路の高架下に構える銀座ナイン2号館。

住所は銀座8丁目なのにナインと名乗ることにこだわりらしきものが感じられるっぽい、通りを挟んで全部で3棟からなる銀座ナインビルのど真ん中・2号館の地下飲食街の一画に「三吉」はあります。

f:id:thyself2005:20130730150556j:plain
この階段から地下へとダウンステア。

銀座駅からも当然アクセスできますが、最寄駅という意味では新橋駅で、銀座口から徒歩5分の場所に位置します。

f:id:thyself2005:20130730150557j:plain
降りてすぐのところにある「らーめん三吉」。

1975年(昭和50年)創業と40年の歴史を誇る、ラーメン屋としては十分老舗クラスではあるものの、2005年に銀座ナイン3号館から2号館への移転を挟んだこともあり、外観は比較的新しめ。

f:id:thyself2005:20130730124219j:plain
おなじみだそうです。

三吉を初めて知ったのは約20年前に出版されたガイドブックの紹介で、当時も安さ爆発を全面に押し出した内容だったけれど、ラーメン1杯700円前後が主流となりつつある東京において1杯300円は激安以外の何物でもありませんね。

f:id:thyself2005:20130730150558j:plain
缶ビール300円と同じ値段というワケか。

L字型カウンター9席、仲睦まじい夫婦による温かいおもてなし

f:id:thyself2005:20130730124220j:plain
水は入口右手の冷水機でセルフサービス。

f:id:thyself2005:20130730124228j:plain
ダントツの安さを誇る右端のラーメン。

f:id:thyself2005:20130730124227j:plain
裏面は各種セットメニューなど。

f:id:thyself2005:20130730124221j:plain
醤油、酢、ラー油、安心のカスター3点セット。

f:id:thyself2005:20130730124225j:plain
ステキな笑顔で気持ちのいい接客をするご夫妻。

2人の出会いは高校1年の時らしく、今でも仲良く二人三脚での切り盛りが売り。
学生時代は甘酸っぱい思い出の1つや2つあったりするんだろうな、そう考えるだけで不思議とこの店の餃子を食べるのに酢は必要ない、そんな気がしました。

それに比べておれの学園生活はと言うとですよ、クッ…!

… … …
というかおれ、そもそも男子校出身ですやん。
甘酸っぱいどころか汗臭くて酸っぱい思い出しかございませんやん。

…そもそもおれには酢など必要なかったのだ。

シンプルだけど飽きのこない1杯!「らーめん三吉」の醤油ラーメン300円

f:id:thyself2005:20130730124222j:plain
具はチャーシュー、メンマ、ネギ。

開業当初はハイライト1箱と同じ価格の80円で売り出し、その後徐々に値上がったものの現在の300円は5年以上据え置きなんだから大したもの。
今後の消費増税がどうなるかにもよるんだろうけど、可能な限りこの低価格帯をキープしていただきたいところであります。

f:id:thyself2005:20130730124223j:plain
化学調味料に頼らない素朴な味わいのスープ。

優しくも懐かしいコクと風味、コショウなどの調味料とも相性はよさそう。

f:id:thyself2005:20130730150602j:plain
1日寝かせて熟成させた自家製の卵麺はプリプリとした歯応え。

300円だからと言って量が少ないということは決してなく、むしろそこらのお上品なラーメンより麺もスープもしっかり多く、人によってはこの1杯で満腹になってしまうんじゃないかと思えるほどです。

f:id:thyself2005:20130730150559j:plain
+100円で大盛りにしても400円。

f:id:thyself2005:20130730150600j:plain
丼のふち近くまで並々と注がれてます。

実は男性も頼めちゃう1番人気のおトクなレディースセット700円

f:id:thyself2005:20130730124232j:plain
ミニラーメン+ミニチャーハン+餃子3つのおトクなセット。

f:id:thyself2005:20130730124229j:plain
小食な方や小腹がすいた時にピッタリのボリューム。

f:id:thyself2005:20130730124230j:plain
作り置きせずその都度しっかり炒めて仕上げるチャーハン。

チャーシュー、玉子、ネギ、シンプルかつオーソドックスなテイストは、妙にホッとさせる安心感があります。箸休めの漬け物も嬉しい。

f:id:thyself2005:20130730150603j:plain
ニンニク不使用の手作り焼き餃子。

レディースセットだと餃子3つなワケですが、それでも足りんという方は別の6個つきセットメニューにするか、単品(400円)で注文すればOK。

ニンニクを使用しない代わりにニラの存在をしっかりと感じさせる濃い味つけなだけに、何ともごはんやビールがススムくん。

f:id:thyself2005:20130731015521j:plain
ちゃんと酢も入れて召し上がりました。

ラーメンも餃子もチャーハンも、試していない他のメニューもきっと、どれもが懐かしい味わいで、東京生まれHIP HOP育ち悪そうな奴は大体友達じゃないおれでも何となくノスタルジックな気持ちに浸れるのだから、涙する年配の方々も少なくないんじゃないかと思います。

会計を済ませ店を後にする際の店主ご夫妻の屈託のない笑顔と挨拶に、何となくおじちゃん家に遊びに来ていたかのような気になって、三吉が大都会銀座に店を構え続けてきたこと、これからも構え続けるであろうことに不思議と気持ちが和むのでした。

f:id:thyself2005:20130730150554j:plain
帰り道、外国人がフーターズを撮影してるのにもちょっと和んだ。

むしろあんたがたの本場ですやんって心の中でツッコミ入れつつも、きっと自分も海外にある日本のお店を撮影してたらこんな風にツッコミ入れられるのかなーなんて思いましたとさ。おしまい。

店舗情報

店名 らーめん三吉
住所 東京都中央区銀座8-7 銀座ナイン2号館 B1F(地図
電話番号 03-3571-1525
営業時間 11:30~14:15、17:00~19:30
定休日 土曜日・日曜日・祝日
最寄駅 銀座駅、新橋駅

昔ながらの中華そば 5食パック×6個

昔ながらの中華そば 5食パック×6個