読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

己【おれ】

多くの「己」が生きる中で「おれ」であること、そんな中二病のような思いから始めました。

【神保町・さぶちゃん】ラーメン+半チャーハンセットの元祖!神保町有数の老舗の半ちゃんらーめん

ラーメン 【東京】秋葉原・神田・水道橋 レトロ

f:id:thyself2005:20121124200031j:plain
ラーメン+チャーハン半人前で690円!「さぶちゃん」の半ちゃんらーめん。

先日当ブログで「神保町・伊峡の半チャンラーメン」を紹介しましたが、それならこちらも取り上げずにはいられないということで、1967年(昭和42年)創業の超老舗であり、半ちゃんらーめんを日本で初めて売り出した元祖「さぶちゃん」についてアレコレ書いてみようと思います。

行列のできるラーメン店の草分け的存在

f:id:thyself2005:20121124200053j:plain
神保町駅から水道橋方面に白山通りを進んだ途中の路地を左折。

初めて訪れる場合でも分かりやすいように、ここを曲がれとの指示があり、洋食屋なんかが軒を連ねるビルの1階に、カウンターわずか数席のラーメン専門店「さぶちゃん」があります。

f:id:thyself2005:20121124200047j:plain
開店前から行列ができちゃうこともしばしば。

世界最大規模の古書店街、書店の町として知られる神保町だからでしょうか、昔からの常連さんなんでしょうか、はたまたどこかでウワサを聞きつけたかまでは分かりませんが、ご覧のようにただ静かに並ぶ光景をよく目にします。

f:id:thyself2005:20121124200040j:plain
待っている間、読書したりケータイいじったりしてもいいですが…

お店備えつけの各種スポーツ新聞なり雑誌を読み漁ってみるのがオススメです。ハタから見たらすっごい常連臭を漂わすこと請け合いですが、どうせ並ぶならただ単に待つよりもその店ならではの雰囲気を満喫することにしましょう。

客の大半が注文する「さぶちゃん」の半ちゃんらーめん

f:id:thyself2005:20121124200031j:plain
元祖だからってお高くとまらない。だが、それがいい。

行列を経て入店する際に目的の品をオーダー。待つことしばし数分で到着するのが、ほとんどのお客さんが頼むと言っても過言ではない、こちらの半ちゃんらーめん690円、やすっ!

元祖といえばこう、有名なのをいいことにおごり高ぶって不必要に価格をつり上げるケースに多々遭遇しますが、「さぶちゃん」の場合はそんなの関係ナッシングということですね。

f:id:thyself2005:20121124200029j:plain
昔ながらの鶏系醤油スープに細麺、まさにゴールデンコンビ!

こういったのを東京ラーメンと呼ぶハズなのに、不思議と最近の東京では食べる機会もめっきり減りつつある昔ながらの味。

f:id:thyself2005:20121124200033j:plain
昔ながらとは言いつつも、

決して古ぼけた感じはせず、かと言って新しいワケでもない、それでもズルズル麺をすすってスープをゴクリしてみると、不思議と妙な懐かしさが込み上げてくるんだなーこれが。

f:id:thyself2005:20121124200030j:plain
しっかり味の染み込んだ秀逸メンマ。

一見濃くてしょっぱそうだけど、実に柔らかく、そしていい意味で甘い。
バリトンボイスでコワモテのご主人ではあるものの、話してみると随所に感じられる照れ屋で優しいその人柄を体現しているかのようで、メンマラーメンがメニューにないのが惜しいくらい。

f:id:thyself2005:20121124200032j:plain
作り置きだし焼きムラの多い和風テイストなチャーハン。

中華料理屋のそれとはまた違う、パラパラな食感とは無縁のアブラべっちゃりで濃い味つけ。人によってはアブラっぽいの一言で片づけちゃうんだろうけど、おれにとってはラーメンの半チャーハン=「さぶちゃん」の半チャーハン。

かれこれ「さぶちゃん」には20年近く通っているけれど、ホントこのラーメンにこのチャーハンありと言った感じでして、どこぞの店でラーメンとチャーハンを食ったとしても結局ここに戻ってきては平らげちゃう、ホントおれ的ソウルフードなセットメニューなんです。

f:id:thyself2005:20121124200034j:plain
今回も完食、ごちそうさまでした。

充分な調理スペースを確保できない都合上、カウンターテーブルに丼を置いてタレやスープだ麺を入れる…。そう、もはやオープンキッチンどころかオープン以外の何物でもない狭すぎる店内で、垂れ流しのテレビを眺めるもよし、連れやお店の人達と会話するもよし、それらをBGMにマイペースに食事するもよし、下町情緒あふれるひと時をお過ごしください。

いかがでしたでしょうか?

f:id:thyself2005:20121125091955j:plain:h180 f:id:thyself2005:20121125091952j:plain:h180
20年以上前に出版された書籍でも大人気。

多くの人にとってはさぶちゃん=北島三郎かもしれませんが、少なくともおれにとってはさぶちゃん=北島じゃない方のさぶちゃんということで、今後もふらりこの店に通い続けたいと思います。

今でこそ定番のセットメニューとしておなじみの半チャンラーメンの生みの親とはいえ、飾ることのない淡々としたその姿勢にファンは多いと聞きますし、まさに神保町にこの店ありと断言できるラーメン屋さぶちゃん。

この記事を読んで知った方もそうじゃない方も、興味を覚えたら是非足を運んでみてくださいね!

f:id:thyself2005:20121124200027j:plain
オヤジさん、いつまでもお元気で!

店舗情報

店名 さぶちゃん
住所 東京都千代田区神田神保町2-24 木下ビル 1F(地図
電話番号 03-3230-1252
営業時間 11:30~15:00、16:30~19:30
定休日 日曜・祝日
最寄駅 神保町駅、水道橋駅

マルちゃん 麺づくり 鶏ガラ醤油 97g×12個

マルちゃん 麺づくり 鶏ガラ醤油 97g×12個