読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

己【おれ】

多くの「己」が生きる中で「おれ」であること、そんな中二病のような思いから始めました。

【孤独のグルメ】都内とは思えない居心地の良さ!石神井公園の休憩所「豊島屋」のカレー丼とおでんと、あとチェリオ

【漫画】孤独のグルメ 【和食】丼もの 【和食】おでん 【菓子】菓子全般 【菓子】甘味処 【東京】西武沿線 レトロ

f:id:thyself2005:20120915212648j:plain
f:id:thyself2005:20120916160251j:plain
うん!これこれ!
…って なにが「これ」なんだろう…(中年の独りツッコミ)

今月週刊SPA!での新作掲載予定、来月10日には実写ドラマ第2期も開始と順風満帆、もはや美味しんぼの知名度を大きく上回るグルメ漫画になりつつある、かもしれない孤独のグルメではありますが、今回は原作第11話の舞台となった東京都練馬区石神井公園内にある休憩所「豊島屋」の現地レポートをお届けしたいと思います。

読者がツッコミを入れるよりも先に高速独りツッコミを繰り出した回としても有名?ではありますが、少しでも解釈の参考になってくれれば幸いです。

1.西武池袋線・石神井公園駅で下車

f:id:thyself2005:20120915212554j:plain:w240 f:id:thyself2005:20120915212556j:plain:w240
乗るたびにいつもドアを反対につけたんじゃないかと思ってしまう西武池袋線。

東京23区内、池袋駅から急行で10分くらいの距離に位置する駅ではあるものの、ゴミゴミとしておらず落ち着いた雰囲気。

f:id:thyself2005:20120915212557j:plain
最寄り駅とはいえ公園まで徒歩5分。

f:id:thyself2005:20120915212558j:plain
ちょっとした繁華街を突き進むと…

f:id:thyself2005:20120915212601j:plain
到着と同時に釣りおやじと遭遇!

ちょっと道に迷ったんですが、敷地面積がバカでかいだけに無事到着。
正式な入り口とは違うんでしょうが、いきなり釣り人と出会えるだなんて、ちょっと新鮮な感覚。果たして何が釣れるんでしょうかね。

f:id:thyself2005:20120915212606j:plain
ちょっとしたことで氾濫しそうな池のほとり。

f:id:thyself2005:20120915212600j:plain
釣り人ログアウトのパターン。

f:id:thyself2005:20120916153645j:plain
一方ゴローちゃん(※主人公・井之頭五郎の愛称)も商談を終えのんびりと。

2.こりゃあ井の頭公園や代々木公園とはまるで違う雰囲気だ

f:id:thyself2005:20120916153646j:plain
とゴローちゃんが評するように、

f:id:thyself2005:20120915212612j:plain
のんびり散歩もはかどりそう。

f:id:thyself2005:20120915212604j:plain
ぶつかってもきっとケンカには発展しなさそう。

f:id:thyself2005:20120915212615j:plain
ゴローちゃんが豪邸と認めた物件も健在。

石神井公園駅をはじめどの駅からも遠いこと、近くに大きな繁華街もないせいか、確かに井の頭&代々木両公園とは異質の雰囲気。作中では客層や年齢層やファッションまでも違うと語ってますが、そこまではよく分からなかったけど、まあ落ち着いた感じだったと思います。プラスかマイナスかで言えばマイナスイオンがびんびんだったと言いましょうか、うん、よく分からないですね。
そんな公園内をぶらぶら散策してますと…

f:id:thyself2005:20120916153649j:plain
f:id:thyself2005:20120915212624j:plain
今回の目的地「豊島屋」を発見!

うーん、この公園にしてこの店ありといった佇まい。キライじゃない!決してキライじゃないぞ!!

f:id:thyself2005:20120916153650j:plain:w340
今はなきチェリオの自販機に感激。

そして駆けつけ一杯…

f:id:thyself2005:20061215165157j:plain
このワザとらしいメロン味!(じゃあ飲むなよ)

孤独のグルメ史上燦然と輝く名言を発する我らがゴローちゃんはここ豊島屋で一息つくことにするのでした。

f:id:thyself2005:20120915212630j:plain
ちなみに実際のチェリオはというと、

f:id:thyself2005:20120915212626j:plain
数ある自販機の中でも一番隅っこに追いやられていたものの、

f:id:thyself2005:20120915212628j:plain
値段は150円と一番高かったのよね。

f:id:thyself2005:20120915212631j:plain
価格設定もワザとらしいメロン味!

3.大正時代創業のレトロな雰囲気漂う老舗茶屋

f:id:thyself2005:20120915212625j:plain
建て直しとかしてるだろうけど相当古い建築物。

以前当ブログで紹介した「東京都品川区東大井のラーメン屋・朋友」のことをなっちゃった的な昭和レトロ感と評価していたゴローちゃんではありますが、こちらもかなりの昭和レトロ感。

f:id:thyself2005:20120915212632j:plain
売店も兼ねており、お菓子に飲み物、アイスまである。

f:id:thyself2005:20120915212633j:plain
例のカレー丼をはじめ種類豊富なメニュー。

赤羽にある朝9時から飲めるオヤジだらけの居酒屋・まるます家」といい、赤字での手書きって何というか時代を物語るもんがありますよね。

f:id:thyself2005:20120915212638j:plain
開放的な店内。

f:id:thyself2005:20120916153651j:plain
【危険】くつろぎ過ぎて顔面が。

まあ↑ここまで表情が崩れたりはしなかったですが、崩れたくなる気持ちも何となく分かると言いますか、個人的にオープンテラスとかよりは確実に落ち着けちゃいますね。

f:id:thyself2005:20120916153652j:plain
よかった、元に戻った。

f:id:thyself2005:20120915212635j:plain
ダシがしっかり染み込んだ関西風おでん(500円)。

f:id:thyself2005:20120915212636j:plain
こんなの頬張って酒でもあおろうもんなら働きたくもなくなるよね。

まあゴローちゃんの行動をマネしておでんにメロンソーダと色彩的に最悪の組み合わせだったから次の日仕事しましたけどね、ああ、こんな店が近所にあればいいのになー。

f:id:thyself2005:20120916153655j:plain
文庫版の表紙でもおなじみのカット。

このセリフが物語ってるように、ホント和むわ~。

4.そしてカレーライスじゃなしにゴローちゃんが注文したのが…

f:id:thyself2005:20120915212643j:plain
f:id:thyself2005:20120916153656j:plain
冒頭でおなじみカレー丼(750円)。

今回も絵の再現度が半端ないのは言うまでもありませんが、時期的なものもあったのかな、グリンピースの代わりに水菜が使用され、あと思ったよりも黄色味がかってはなかったけど、これはこれで食欲をそそる感じ…

f:id:thyself2005:20120915212645j:plain
うん、チェリオじゃなければもっとそそる感じ。

f:id:thyself2005:20120915212648j:plain
だからチェリオなんかに目もくれず頬張る!

f:id:thyself2005:20120916160251j:plain
これこれ、…って なにが「これ」なんだろう…

だなんて独りツッコミもこなしつつ、

f:id:thyself2005:20120916194148j:plain
時には外にも目を向けて

f:id:thyself2005:20120916194146j:plain
それでも頬張るカレー丼!

f:id:thyself2005:20120916194145j:plain
濃厚な味わいだから白こんにゃくのアッサリ加減が嬉しく

f:id:thyself2005:20120916194147j:plain
食べ進む箸のスピードは衰えを知らず

f:id:thyself2005:20120915212655j:plain
結果的にチェリオだけ残る始末。

食前と食後でびっくりするくらいチェリオの量だけ変わってないワケですが、いやいやチェリオさん、おでんとカレー丼のイケてる組み合わせの中に入ってきたらアカンですよ。(買ったのおれだけどさ)

f:id:thyself2005:20120916153658j:plain
田舎のおばあちゃんちで食べた昼、まさにそんな感じ。

絶品とはまた違う、だからと言ってまずいとかそんなんじゃなく美味しい。ただ、美味しさよりも懐かしさの方が先に込み上げてくる一品でした。
まあ休憩がてら訪れた店でただならぬ美味しい何かを食べるのも違う気がすると言いますか、とにかくこの店にバッチリハマったメニューに思えました。

今回は食べなかったけど、注文を受けてから作る焼きだんごも人気のようで、その他のメニューチェックも兼ね機会があったら是非また和みに行きたいですね。

f:id:thyself2005:20120916153659j:plain
f:id:thyself2005:20120915212639j:plain
あまりの居心地の良さに寝ようとするゴローちゃん。

だけど店内の張り紙で気を引き締め、

f:id:thyself2005:20120916153700j:plain
帰りのバスで爆睡こくゴローちゃん。

いまだにこの寝オチフェイスを超えるマンガ作品に出会ったことがない、まあ出会わないに越したことはないんでしょうけれど、ついつい白昼夢を見てもおかしくないくらいにのんびりくつろげる豊島屋さん、石神井公園にお越しの際は要チェックですよ!

f:id:thyself2005:20120915212741j:plain
帰り際、さっきいなかった釣り人がログインしてた。

5.店舗情報

店名 豊島屋
住所 東京都練馬区石神井台1-27-19(地図
電話番号 03-5393-6793
営業時間 11:00~日暮れまで
定休日 木曜日
最寄駅 石神井公園駅

6.出典(作品情報)