読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

己【おれ】

多くの「己」が生きる中で「おれ」であること、そんな中二病のような思いから始めました。

行列どころかあっという間に売り切れる!早くも話題のベーグル屋 kepo bagels(ケポベーグルズ)@東京・上北沢

【洋食】パン・サンドイッチ・ベーグル 【東京】京王・小田急沿線

f:id:thyself2005:20080628150213j:plain
焼きたて&こだわりの和ベーグルを、あなたに。

飽食の時代と呼ばれて久しい我が国ニッポン、その中でも東京はやはり日本の食の中心、様々なジャンルのお店が軒を連ねてますよね。
「今日はあの店のあれを食べよう」「この店の何々を注文してみよう」「彼氏(や彼女)にあんなプレイやこんなプレイをしてみよう♪」だとか、道行く人達の大半はあっちやこっちの食欲を満たすことでもう頭がいっぱいっぱい!

…かは知りませんが、そんな首都東京で、開店してまだ3ヶ月と間もないのに早くも人気のベーグル屋さんを紹介したいと思います。
ズバリ下北沢!
…ではなく上北沢にある素朴なんだけど新進気鋭な「kepo bagels(ケポベーグルズ)」です。

f:id:thyself2005:20080628150155j:plain
白を基調とした外観、手書きの看板が(上北沢では)新しい。

ところで、上北沢って…

f:id:thyself2005:20080701033604j:plain
どこよ?

「名前からして下北沢の近く?」
「下北は有名だけど上北沢って歩いて行けるの?」etc

そんな迷える都会の子羊のために説明しよう、しようっていうか、詳しくは↑の路線図をご覧下さい、ねっ、そういうことなんです。
というか今回のお店に行くまでおれも上北沢ってどこよ?って思ってたクチなんですが、新宿発の京王線(各停)に乗るか、井の頭線で明大前で乗り換えるかすれば到着します。
両隣を桜上水と八幡山といった、それなりにメジャーな駅に挟まれてはいるものの、地方に住む人はもちろん、東京在住の人でも上北沢をよく知る人ってそう多くはないみたいです。(おれの周り談)

f:id:thyself2005:20080701033542j:plain
素朴な雰囲気の駅前商店街。

渦中のベーグル屋は駅のすぐそば、というか線路沿い

f:id:thyself2005:20080701033536j:plain:w225 f:id:thyself2005:20080701033537j:plain:w225

あくまで下北沢ではなく上北沢駅の南口を出て、

f:id:thyself2005:20080701033539j:plain
ずずずいと、

桜上水方向に線路沿いを歩きます。

f:id:thyself2005:20080701033541j:plain:w225 f:id:thyself2005:20080628150210j:plain:w225
すると、

左手に踏切、右手にスマイル薬局が見えるので、さらにそのまま直進することで、

f:id:thyself2005:20080628150155j:plain
はい到着です。

時間にして、駅から一心不乱に突き進めば1?2分、のんべんだらりと歩いても5分前後ってとこでしょうか。
昔ながらの店が多い上北沢ではちょっと新鮮っぽい、シンプルながらも清潔感のある、いかにも女性がプロデュースしたっぽいお店が迎えてくれます。
なので漢(おとこ)を前面に押し出したっぽい当ブログで紹介していいものかちょっと気が引けるんですけど、なんていうか、こちらのお店をファブリーズとするならこのブログをシュシュっと除菌してくれるんじゃないか、そんな淡い期待を込めたりもしてるんですねどうでもいいですね。

1日2回焼き上げるベーグル

f:id:thyself2005:20080628150157j:plain
げげげ。

到着したのが週末の昼過ぎということもあり、ほとんど全ての商品が品切れ。
さすが店頭に並んでもどこからか押し寄せるお客さん達によって買い占められるだけのことはありますね。
で、せっかく来たのにハズレかよって落胆したのですが、1日に2度、開店前後と夕方過ぎに焼き上げ&陳列されるみたいでほっと一安心。
そういった場合、自分はいったん出直しましたけど、厨房に比べてかなり狭いものの店内には椅子も用意されてるので座って待つのもアリ、なんですかね。

f:id:thyself2005:20080628150158j:plain
次々と並べられるベーグル、パン屋特有の香ばしい香りが。

こちらの店主はベーグルで有名な京都のパン屋「ブラウニー」で修業された方らしく、そういったバックボーン+この店ならではの工夫が味の保証はもちろん、ベーグル好きな人達による口コミ効果で、新店とはいえ早くも頭角を現すに至ったんじゃないでしょうか。
焼きたてのパンが美味しいのは言わずもがな、公式サイトの説明に「皮はむっちり、中身はもっちり」とあるように、眺めてるだけでこう、期待が高まってきます。

kepo bagelsの売り、それは国産小麦と麹由来の天然酵母を使用した和ベーグル

f:id:thyself2005:20080715033130j:plain
押される焼き印が愛らしいプレーンベーグル。

和を謳う食べ物は数あれど、材料を輸入品に頼っていたりすることって案外多いですよね。
その点kepo bagelsのメイン、和ベーグルシリーズには国産小麦が使用されており、まさにこれぞ和製、実に真面目なこだわりと言えるでしょう。
そんな素材の味をストレートに堪能するならプレーンをチョイスすればOKなんですが、ここにもこだわりがあって、酵母4%、6%、10%と3種類もあり早くも食べ比べる楽しみが。
ちなみに酵母は少ないほどに生地がもっちりし、多いとふんわりとした食感になるそうで、トーストやサンドイッチにする場合も意識して用いると良いようです。

f:id:thyself2005:20080628150203j:plain
焦げた表面部分が香ばしい五穀みそベーグル(200円)。

大豆、黒ごま、大麦、玄米、キヌアの五穀に加えて白みそをトッピングしたそうで、甘味が感じられるんだけど味噌してます。
…あの、もうちょっとマシなコメントをしたいっちゃしたいんですけど、キヌアのことを白ごまと勘違いして食い切ったおれですから、うまいこと言えた義理じゃありません。

f:id:thyself2005:20080628150215j:plain:w225 f:id:thyself2005:20080628150220j:plain:w225
チーズとコショウによる夢の共演、黒胡椒チーズベーグル(220円)。

噛み応えのある生地上で焼かれたチーズとスパイシーな胡椒、酒飲みなら迷わず飲み物にビールを選択しそうな雰囲気。
もしもチーズだけならピザの耳部分を食ってるのと同じ印象を持ってしまうかもだけど、ピリリと効いた胡椒がそんなことねえぞと、食ってるのは紛れもなくベーグルなんだと諭してくれます。
もちろん生地の中にだってチーズが溶け込んでいるから、噛み応えに加えて食べ応えも十分と言えますね。

f:id:thyself2005:20080628150202j:plain
黒ごまとサツマイモの組み合わせが妙、ごまさつベーグル(200円)。

そもそも頻繁に食べないので、昨今のベーグル事情がどんなだとかはさっぱり分からんのですが、それでもこちらの凄さはびっしりと伝わってきます。
しっかりどころかびっしりと付着した黒ごまに加え、中にはスイートなサツマイモの粒がこれまたびっしりと含まれてるもんだから、いっそのこと商品名を「ごまさつ」から「びっしり」に改名してもいいんじゃないか、そしたら意味が分かりませんかそうですか。

f:id:thyself2005:20080628150201j:plain
詰められるだけたっぷり詰め込んだきなこが魅力のきなこベーグル(180円)。

歯応えはある、あるんだけどもっちりとした食感に大量のきなこ、何だかきなこもちみたいだな。
世の中のきなこもちがこのくらいしっかり噛んで食べられれば、餅を喉につまらせることのない平和な世界が訪れるだろうに。

f:id:thyself2005:20080715033131j:plain:w225 f:id:thyself2005:20080715033132j:plain:w225
そこらのあんパンに引けを取らないあんこの量によもぎの香りがステキなよもぎ大納言ベーグル(220円)。

歯応えはあるし、噛めばよもぎ独特の香りとあんこの甘み、何だか草餅(よもぎ餅)を食べてるみたいだな。
世の中の草餅がこのくらいしっかり噛んで食べられれば、餅を喉につまらせることのない平和な以下略…
どちらのベーグルも甘すぎず絶妙なバランスがステキですね。(←単にこれが言いたかった)
ごまさつ、きなこ、よもぎ大納言はデザート寄りの味わいで、子供はもちろん小粋な大人の3時のおやつにもピッタリなんじゃないかと。

f:id:thyself2005:20080628150204j:plain:w225 f:id:thyself2005:20080628150206j:plain:w225
数ある和ベーグルの中で1番好き、野沢菜ベーグル。

野沢菜が好きで、米じゃなくパンにも合うのかなって何気なく購入したんですけど、個人的に大ヒット、1個じゃなくもっと買っておけば良かったと後悔したんですね、ええ。
というのもこちら、何でも春、秋限定販売(とりあえず夏には発売していない)らしく、先日これ目当てで再訪したものの泣く泣く買えなかったっていう。
他のベーグル同様に、表面に分かりやすくあしらわれてるだけじゃなく、割ってみるとぎっしりと詰まった野沢菜がラブリーでキュート。

例えばキミ(♀)がこれを食べて歯に野沢菜をつまらせていても愛らしいし、自分がそうなった場合は爪楊枝でちょちょいと取り除いて再度噛み締め、ああ、1度のみならず2度も美味しい!
…って書くと大抵の人に気持ち悪がられるので、こういった冗談は程々にしようねごめんなさい。
とにもかくにもこちらのベーグル、買えたあなたはラッキーそのものですよ!

【最後に】実は各商品の電話予約が可能です

f:id:thyself2005:20080628150217j:plain:w225 f:id:thyself2005:20080628150221j:plain:w225
和ベーグル以外にもニューヨークベーグル、サンドイッチなどメニューは豊富。

あなたが上北沢近辺に住んでるならもう迷わず訪れればOKなんですが、行ってみたいけど少々遠い、遠いぞ遠すぎますって方もいるかと思います。
そんな場合は朝一番に電話すればその日の午前分ないし夕方分、ちょっと遅れてお昼前後に電話したとしても夕方分の取り置きをしてもらうことができます。
これでせっかく足を運んだのにお目当ての商品が買えないって最悪の事態を防げますね。
今回紹介した以外にも沢山の商品がありますし、詳しいメニューや店舗へのアクセス方法は下記公式サイトをご覧下さい。

f:id:thyself2005:20080628150211j:plain
京王線のみんな、見てるー?

お店の前には京王線が走ってて、出て左に進めば八幡山、千歳烏山…、右に進めば桜上水、下高井戸、明大前…に辿り着くから、天気の良い日は散歩がてら買い食いしてみるのも乙かと。
まだまだ発展の余地ありまくり、今後の成長が楽しみなベーグル屋さんですね。

f:id:thyself2005:20080715054749j:plain
己【おれ】はkepo bagelsと北京オリンピックを応援します、なんてね。

店舗情報

店名 Kepobagels - ケポベーグルズ
住所 東京都世田谷区上北沢3-17-8(地図
電話番号 03-6424-4859
営業時間 9:00~18:00
定休日 月曜(祝日の場合は営業)&火曜(祝日でも休業)
最寄駅 上北沢駅