読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

己【おれ】

多くの「己」が生きる中で「おれ」であること、そんな中二病のような思いから始めました。

ポーションなんかじゃ物足りねえっ!

【菓子】菓子全般

f:id:thyself2005:20060314153922j:plain

ファイナルファンタジーXII ポーション。
既に多くの人が口にしたと思われる、サントリーと超人気RPGとのコラボ商品。
写真は200円の通常タイプで、この他に特典がついた630円のプレミアムボックスなるものまで存在する。

f:id:thyself2005:20060314153923j:plain
横一列の陳列が何だか不気味。

期間限定発売のためか、ゲームの知名度からなのか、全国で結構売れている様子。
コレクターでもないので、通常の200円タイプを購入。内容量は120mlだ。

f:id:thyself2005:20060314153852j:plain

帰宅して撮影。照明をいじり、ちょっと神々しさを演出。
何だか不気味にも見えるが、まあ気のせいだろう。

ファイナルファンタジーXII ポーション

f:id:thyself2005:20060314153921j:plain
どアップ。

原材料はエルダー、カモミール、マンネンロウ、メリッサなど10種類のハーブ、更にローヤルゼリーとプロポリスも配合し、独特な清涼感と栄養ドリンク的要素をウリにしている。まさにポーション。

ただ1番のポイントとして挙げられるのは、着色料の青色1号が使用されている点。
ヨーロッパでは使用が禁止されている、発癌性を備えた何とも恐ろしい着色料。
ポーション=回復薬ってイメージが浸透しているだけに、こんな危険と隣り合わせでいいんだろうか?(大袈裟に書いてますが、案外多くの食品類に青色1号なんかは使用されまくっとります)

f:id:thyself2005:20060314153920j:plain

ティーカップに内容量の半分(60ml)ほど注いでみる。
どっかの海にありそうな澄んだ色、でもきっと、青色1号による着色なんだろう。
既に多くのサイト、ブログで紹介されている通り、何とも微妙な味わい。
オロナミンCとかに近いような、ハーブによる爽やかさがあると思えば、どこか薬のように舌が麻痺する感覚もあったり。

なるほど、圧倒的大多数がまずい!と唸るのも頷ける。
まあそこまで激マズじゃないんだけどね。ただ、好きな人は好き、嫌いな人は嫌いがハッキリ分かれる飲み物と言えるだろう。

f:id:thyself2005:20060314153850j:plain
f:id:thyself2005:20060314153849j:plain
f:id:thyself2005:20060314153846j:plain

そんなポーションのCM、あらゆる時間帯で放送されてますよね。画像はCMより抜粋。
コンビニでラス1のポーションを巡ってサンダガ、エアロガなど、普通じゃあり得ない攻防を繰り広げる2人。

3000超の大ダメージを受けているのに、最後にはHPが100しか回復しないポーションを飲んで何とも満足気な様子。普通に計算して1人30本以上飲まないとダメだろ、なぁ?

喝!!

日曜朝っぱらのおじいちゃん達じゃなくてもダメ出ししたくなるさ。
何かとストレスフルな現代、我々の精神と肉体は想像以上に疲弊しているんだ!
とてもじゃないが、たった100程度の回復力ではやってけないね!
より回復力のある物へと進化させる必要性があります!

f:id:thyself2005:20060314154031j:plain

ってことでこちら。秘密の液体が入ったガラス瓶を用意。

f:id:thyself2005:20060314154035j:plain
タプタプタプー…

f:id:thyself2005:20060314154034j:plain
たっぷり♪

この無色透明の液体をポーションが入ったティーカップに注ぐワケです。
秘密の液体とポーションの割合は1:1、もちろん水かさが一気に倍になる。
若干透明感が薄らいだものの、ここに、パワーアップしたポーションの完成です。

f:id:thyself2005:20120819185113j:plain

その名も ハイポーション♪(※焼酎のポーション割り)

… … …
ウケたかどうか不明ですが、
本日はこんなオヤジギャグでやってこうと思う。

f:id:thyself2005:20060314154034j:plain

焼酎とポーションを1:1にする。
このスタイルはまさにハーフロック、おまけに氷抜きときたもんだ。
焼酎をストレートで飲むのに等しい。
ただ、その甲斐あって回復力は一段と増したハズ?

早速飲んでみる。

グビッ…

… … …

f:id:thyself2005:20120819185156j:plain
!?

まずっ…

まずくない!
f:id:thyself2005:20060315231721j:plain
よっ♪

ポーションの時点で嫌いな人には受け入れられないだろうが、目をつむれば意外に、イケるかも?そんな味わい。
焼酎を加えたことで、ポーション本来の独特な味わいが影をひそめたとか?(ダメだろ)
いや、まてよ。単に焼酎の渋みに口がやられただけかも?
とにかく絶対うまい!とは断言しない。案外イケる?ってだけのハナシです。

f:id:thyself2005:20060314154030j:plain

半々の分量なだけに、焼酎なのかポーションなのかよーく分からなかったものの、見事完飲。
飲んでしばらくして体が温かくなってきたあたり、やはりハイポーション。
いやぁ、酒の力ってスゴイねー。
清涼飲料水のポーション+アルコール=吸収率も大幅にアップ♪

f:id:thyself2005:20060314154445j:plain

もう60mlほどポーションが残ってたので、この際だから飲み切ってしまおう、焼酎で割って。
たださっきと同じだとつまらないので、今度はポーションを温めて割ってみよう。
焼酎のお湯割りならぬ、温ポーション割り。
こいつは体が一層温まること請け合いだろう。
早速ポーションを電子レンジで温めてみることにします。

f:id:thyself2005:20060314154504j:plain

これらの商品はコンビニで入手した。写真はそん時のレシート。
何せポーションと焼酎しか購入しなかったもんだから、会計時店員がほくそ笑んでました。
「ポーションと焼酎ってどんな組み合わせだよ」そう思われたんだろう。
まあ仕方のないボン!

… … …
想定外の破裂音が聞こえてきた。電子レンジの中から。
500wで1分温めた結果、レンジの中で軽い爆発を起こした模様だ。

f:id:thyself2005:20060314154444j:plain

敷皿ごと取り出す。破裂により飛び散ったせいか、若干ポーションの量が減っている。
レンジ内がポーションまみれになっちまったので、緊急掃除モードに突入。
思わぬ手間になってしまったんだけど、こうやって爆発したりすんのって、何かイイよね。
ほらフィクションの世界って、秘薬作ったりする時って爆発起きたりするじゃない?
ちょっとした魔法使いのような、博士のような、薬師のような気分が味わえたんだから。(前向きで痛い)

f:id:thyself2005:20060314154440j:plain

タプタプと焼酎を注ぐ。やはりこちらの分量も1:1だ。
そして飲むっ!グビッ…

… … …

f:id:thyself2005:20120819185157j:plain
!?

まずっ…

こっちはまずっ!!!
f:id:thyself2005:20060315232007j:plain
ピクピク…

激しくまずい!
情状酌量の余地もないマズさ!

1:1で割ってしまったので、お湯割りのハズが相当ぬるい。
ポーション7の焼酎3にすればまだマシだったかも。そんなぬるま湯みたいな温度のハイポーション。
温度が変わるだけで味わいも大いに変わるのね。
冷たかった時にあった清涼感が消え失せ、代わりに焼酎の存在感が際立ってしまった。

何とも相当まずーい飲み物です。さすがに一口飲んでたまらず残りは捨てました。
思わずやってみたくなった人、やるのは構わないけど命の保障はしかねます。
やるとしても冷たいハイポーションに留めといた方がいいです。これはマジです。

… … …
ハイポーションを服用してから数時間後。
酔ってるのか気分が悪いのか分からない妙な状態になっているおれ。
気だるいのか眠いのかよー分からん状態に陥ってます。
ホント、寝る前に飲んで良かったです。

総評

お酒が大好きな人もそうじゃない人も体が温まってきて気持ち良くなります。(酒だしね)
酔いの影響で気分もハイになります。まさにハイポーション。
そんなワケでハイポーションにパワーアップすることで、回復力は増すでしょう。
ただ、飲んですぐにHPが回復するワケじゃありません。風邪薬なんかと一緒で、飲んで眠ることで大幅に回復するようです。
今夜はホント、気持ち良く眠れそう。

おやすみ、ハイポーション♪

f:id:thyself2005:20060314154503j:plain
zzz…もう飲めないって…